“速く走れる靴”が大ヒット爆走中! 「神様」とあがめる子供も

“速く走れる靴”が大ヒット爆走中! 「神様」とあがめる子供も

発売6年目を迎えても、アキレスの学童靴「瞬足」が爆発的に売れている。100万足超えればヒットとされる業界で、累計販売は今年3月で1000万足を突破。年々数を増やし昨年は454万足売れた(発売1年目は24万足)。子どもの3人に1人が履いている計算だ。

人気の理由は靴底にある。独特の切り込みに加え、高さ約1ミリメートルのスパイクを左右とも左寄りに配置しているのがミソ(写真参照)。学校の校庭は狭く、中学年以上になると徒競走のコースは直線にカーブが加わる。トラックは必ず左回りのため、コーナリングの走行安定性がカギになる。瞬足は靴底の独特の形状から「摩擦係数が高く、土をしっかりととらえるため、速く走れる」(津端裕・シューズ事業部商品企画開発部長)。子どもからの反響は多く、リレー競技で好結果を残した小学校5年生からは「ぼくにとっての神様は瞬足です」という作文がアキレスに寄せられ、津端部長らを大感激させたという。

CMや口コミ効果で最近は父親にも知名度が浸透し、中には「自分も履いてみたい」という声も。現行サイズは15.0~24.5センチメートルと、3~4歳児から小学校6年生までが対象。だが、運動会の主役になりたいのは子どももパパもかわらない。近々「おとな瞬足」がお目見えするかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT