“速く走れる靴”が大ヒット爆走中! 「神様」とあがめる子供も

“速く走れる靴”が大ヒット爆走中! 「神様」とあがめる子供も

発売6年目を迎えても、アキレスの学童靴「瞬足」が爆発的に売れている。100万足超えればヒットとされる業界で、累計販売は今年3月で1000万足を突破。年々数を増やし昨年は454万足売れた(発売1年目は24万足)。子どもの3人に1人が履いている計算だ。

人気の理由は靴底にある。独特の切り込みに加え、高さ約1ミリメートルのスパイクを左右とも左寄りに配置しているのがミソ(写真参照)。学校の校庭は狭く、中学年以上になると徒競走のコースは直線にカーブが加わる。トラックは必ず左回りのため、コーナリングの走行安定性がカギになる。瞬足は靴底の独特の形状から「摩擦係数が高く、土をしっかりととらえるため、速く走れる」(津端裕・シューズ事業部商品企画開発部長)。子どもからの反響は多く、リレー競技で好結果を残した小学校5年生からは「ぼくにとっての神様は瞬足です」という作文がアキレスに寄せられ、津端部長らを大感激させたという。

CMや口コミ効果で最近は父親にも知名度が浸透し、中には「自分も履いてみたい」という声も。現行サイズは15.0~24.5センチメートルと、3~4歳児から小学校6年生までが対象。だが、運動会の主役になりたいのは子どももパパもかわらない。近々「おとな瞬足」がお目見えするかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。