“速く走れる靴”が大ヒット爆走中! 「神様」とあがめる子供も

“速く走れる靴”が大ヒット爆走中! 「神様」とあがめる子供も

発売6年目を迎えても、アキレスの学童靴「瞬足」が爆発的に売れている。100万足超えればヒットとされる業界で、累計販売は今年3月で1000万足を突破。年々数を増やし昨年は454万足売れた(発売1年目は24万足)。子どもの3人に1人が履いている計算だ。

人気の理由は靴底にある。独特の切り込みに加え、高さ約1ミリメートルのスパイクを左右とも左寄りに配置しているのがミソ(写真参照)。学校の校庭は狭く、中学年以上になると徒競走のコースは直線にカーブが加わる。トラックは必ず左回りのため、コーナリングの走行安定性がカギになる。瞬足は靴底の独特の形状から「摩擦係数が高く、土をしっかりととらえるため、速く走れる」(津端裕・シューズ事業部商品企画開発部長)。子どもからの反響は多く、リレー競技で好結果を残した小学校5年生からは「ぼくにとっての神様は瞬足です」という作文がアキレスに寄せられ、津端部長らを大感激させたという。

CMや口コミ効果で最近は父親にも知名度が浸透し、中には「自分も履いてみたい」という声も。現行サイズは15.0~24.5センチメートルと、3~4歳児から小学校6年生までが対象。だが、運動会の主役になりたいのは子どももパパもかわらない。近々「おとな瞬足」がお目見えするかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT