「妻・夫の良さが思い出せない」という悲劇

マンガで解決策を考えてみた

ママ会、パパ会の有効利用で「戦争回避」

ちなみに、この連載の担当編集さん(30代女性、共働き、子ども2人)は、ママ友たちとの宴会でよく「夫のいいところについて話す」そうです。周りのママたちがそういう話題を振って来る人が多いので結果的にそうなるのだとか。す、すごい!

私はそんな品のいいママ会にはほとんど縁がないですが(むしろ圧倒的に逆が多いよ、笑)、このマンガで描いたエピソードのときは、たまたま前後の流れで私が友人に話をふってしまったため、予期せずして、自分も「夫のいいところ」を思い出すことになったのでした。

怒りのまっただなかにいると、なかなか自分1人の力では「いまや当たり前になってしまった家族のいい部分」は思い出せなかったりするので、まずは自分から周りに相手の話をふってみる、というのもひとつの手なのかもしれません。そういう話をふると、「じゃあそっちは?」となることは多いと思うので。

さて、あなたの家族のいいところはなんですか?(思い出せない人は、今かなり関係が行き詰まっているのかもしれませんよ~!)

というわけで、今回のまとめ。

一緒にいるだけでつかれる

相手のいいところを忘れていて(当たり前になっていて)、悪いところばかり目に付く状態になっているのかもしれないので、いちど「家族のいいところ」を思い出してみる。

 

次回は、家事育児分担などに大きくたちふさがる壁、「家事育児は女がやるものという思い込みにつかれる」についてガッツリ考えてみます!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT