「妻・夫の良さが思い出せない」という悲劇

マンガで解決策を考えてみた

ママ会、パパ会の有効利用で「戦争回避」

ちなみに、この連載の担当編集さん(30代女性、共働き、子ども2人)は、ママ友たちとの宴会でよく「夫のいいところについて話す」そうです。周りのママたちがそういう話題を振って来る人が多いので結果的にそうなるのだとか。す、すごい!

私はそんな品のいいママ会にはほとんど縁がないですが(むしろ圧倒的に逆が多いよ、笑)、このマンガで描いたエピソードのときは、たまたま前後の流れで私が友人に話をふってしまったため、予期せずして、自分も「夫のいいところ」を思い出すことになったのでした。

怒りのまっただなかにいると、なかなか自分1人の力では「いまや当たり前になってしまった家族のいい部分」は思い出せなかったりするので、まずは自分から周りに相手の話をふってみる、というのもひとつの手なのかもしれません。そういう話をふると、「じゃあそっちは?」となることは多いと思うので。

さて、あなたの家族のいいところはなんですか?(思い出せない人は、今かなり関係が行き詰まっているのかもしれませんよ~!)

というわけで、今回のまとめ。

一緒にいるだけでつかれる

相手のいいところを忘れていて(当たり前になっていて)、悪いところばかり目に付く状態になっているのかもしれないので、いちど「家族のいいところ」を思い出してみる。

 

次回は、家事育児分担などに大きくたちふさがる壁、「家事育児は女がやるものという思い込みにつかれる」についてガッツリ考えてみます!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT