ネバダ、7月から嗜好用マリファナ販売可能に

ギャンブル・売春に加えて大麻も合法に

 6月29日、全米で唯一ギャンブルと売春が合法化されているネバダ州で、今度は嗜好用大麻(マリフアナ)の使用が認められ、1日から十数店舗で販売が開始される。写真は2014年4月撮影(2017年 ロイター/Jason Redmond)

[29日 ロイター] - 全米で唯一ギャンブルと売春が合法化されているネバダ州で、今度は嗜好用大麻(マリフアナ)の使用が認められ、1日から十数店舗で販売が開始される。

マリフアナ使用は昨年11月に住民投票で合法化法案が可決されて実現した。

州税務当局の広報担当者によると、認可を受けた店舗は、21歳以上の顧客に対し、嗜好用マリフアナを最大1オンス(28グラム)まで販売できる。2015年に医療用マリフアナ販売の認可を受けた店舗のみが嗜好用の販売認可を申請できる。

最終的な認可店舗数は確定していないが、これまでに州全域から60件の申請があり、多くはラスベガスで開店する見通しという。

関連記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。