ネバダ、7月から嗜好用マリファナ販売可能に

ギャンブル・売春に加えて大麻も合法に

 6月29日、全米で唯一ギャンブルと売春が合法化されているネバダ州で、今度は嗜好用大麻(マリフアナ)の使用が認められ、1日から十数店舗で販売が開始される。写真は2014年4月撮影(2017年 ロイター/Jason Redmond)

[29日 ロイター] - 全米で唯一ギャンブルと売春が合法化されているネバダ州で、今度は嗜好用大麻(マリフアナ)の使用が認められ、1日から十数店舗で販売が開始される。

マリフアナ使用は昨年11月に住民投票で合法化法案が可決されて実現した。

州税務当局の広報担当者によると、認可を受けた店舗は、21歳以上の顧客に対し、嗜好用マリフアナを最大1オンス(28グラム)まで販売できる。2015年に医療用マリフアナ販売の認可を受けた店舗のみが嗜好用の販売認可を申請できる。

最終的な認可店舗数は確定していないが、これまでに州全域から60件の申請があり、多くはラスベガスで開店する見通しという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。