ネバダ、7月から嗜好用マリファナ販売可能に

ギャンブル・売春に加えて大麻も合法に

 6月29日、全米で唯一ギャンブルと売春が合法化されているネバダ州で、今度は嗜好用大麻(マリフアナ)の使用が認められ、1日から十数店舗で販売が開始される。写真は2014年4月撮影(2017年 ロイター/Jason Redmond)

[29日 ロイター] - 全米で唯一ギャンブルと売春が合法化されているネバダ州で、今度は嗜好用大麻(マリフアナ)の使用が認められ、1日から十数店舗で販売が開始される。

マリフアナ使用は昨年11月に住民投票で合法化法案が可決されて実現した。

州税務当局の広報担当者によると、認可を受けた店舗は、21歳以上の顧客に対し、嗜好用マリフアナを最大1オンス(28グラム)まで販売できる。2015年に医療用マリフアナ販売の認可を受けた店舗のみが嗜好用の販売認可を申請できる。

最終的な認可店舗数は確定していないが、これまでに州全域から60件の申請があり、多くはラスベガスで開店する見通しという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT