「ルールづくり先行」の働き方改革にモノ申す

ほぼ日とカヤックはそれをなるべく作らない

なぜルールをつくらない、性善説マネジメントが成立するのか?
「人事がマネジメントしようと考える時点で違いますよね」
画一的ルールづくりが先行する働き方改革に対する疑問を投げたところ、面白法人カヤックとほぼ日から返ってきたのは「ルールをつくらない」など、一見すると、人事の仕事放棄とも思える姿勢だった。はたして、そのような無法地帯で、どのように組織は成立しているのか。拡大する組織の中で、なぜルールをつくらない、性善説マネジメントが成立するのか。
前編:現場にいない人事部が社員の才能を飼い殺す(2017年7月6日配信)

どうやって一体感をつくっているのか?

横石 崇(以下、横石):お2人の話を聞いていると、「一体感をつくる」というのがひとつのキーワードだと思いました。ほぼ日もカヤックも、個の才能を持ち合わせた人たちが集まって、ある種、動物園みたいなところもあるかと思うんですが、どうやって一体感をつくっているのでしょうか?

篠田 真貴子(以下、篠田):そこは毎回試行錯誤なんですけど、ほぼ日で大きいのは毎週1回全員が集まって糸井の話を聞く「水曜ミーティング」です。糸井がその1週間で考えてきたことを毎週しゃべるんです。

この連載の一覧はこちら

横石:毎週というのは話すほうも聞くほうも大変そうです。水曜ミーティングはずっと続けられてるんですか?

篠田:ずっと継続しています。録音もしていて文字起こしをしたものを、全員に共有しています。来られない人向けに中継もしています。

横石:糸井さんはどのくらいの時間、お話しされてるんですか?

篠田:毎回1〜2時間くらいです。「今日は短いですけど」と言った日に限って長かったりして(笑)。ほぼ日では、個々の企画においてそれぞれが自由に発想をして、自分のイニシアティブで進めていますが、それができるのは水曜ミーティングで毎週、社員一人ひとりの基本OSのアップデートを実施しているようなものだからだと思うんです。

横石:カヤックは一体感をどうつくっているんですか?

次ページアイデアが出てこないのは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT