蒸し暑い季節に便利!「衣類乾燥除湿器」5選

冬の結露対策にも役立つ各種機能を搭載

デロンギ タシューゴ アリアドライ マルチ 衣類乾燥除湿機 DEX16FJ

実売価格3万1270円

ハンドル一体型で持ち運びカンタン

本機はオイルヒーターやコーヒーメーカーなどで有名なデロンギが、生活家電として初めて日本市場に送り込んだモデルだ。こちらもシャープのCV-G71と同様、幅335×奥行き225mmとかなりコンパクトで、定格除湿能力は6.5L/7.2L/日とシャープより若干高い。

こちらはルーバーの角度が変えられないため、衣類乾燥に用いる場合はハンガーラックの下などに置く必要がある。とはいえ、6月1日の発売当初からこの価格帯のため、今後もう少しリーズナブルになる可能性も十分にある。梅雨入りして待ったなしの状況だが、値動きにも注目したいところだ。

衣類の下に置いて使用。ハンドル一体型で持ち運びもラク
付属の排水ホースをつなげば連続排水にも対応する
次ページファミリー向けの機能を搭載
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。