日経平均は3日ぶり大幅反落 菅・麻生発言加わり後場に下げ幅拡大

印刷
A
A

主力株が軒並み売られる

東証33業種別では、上昇は海運1業種のみで、32業種が下落した。下落率ではゴムの3.01%がトップで、証券、不動産、紙・パルプ、金属製品、情報通信がこれに続いた。東証1部の値上がり銘柄数は235(全体の13.4%)、値下がり銘柄数は1446(同82.4%)、変わらずは72銘柄だった。

個別では、ファーストリテイリング、ソフトバンク、ファナック、トヨタ自動車など主力株が軒並み売られ、ライト工業、クラレは大幅安。一方、材料株が個別物色され、渋谷工業はストップ高となった。

お盆休みが続く国内では、明日も目立った経済指標の発表はない。一方、米国では、今晩から週末にかけてNY連銀製造業景気指数など経済指標の発表が相次ぐことから、東京市場でも、米国経済や米国株の動向を強く意識しながらの展開となりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT