日経平均は3日ぶり大幅反落

菅・麻生発言加わり後場に下げ幅拡大

主力株が軒並み売られる

東証33業種別では、上昇は海運1業種のみで、32業種が下落した。下落率ではゴムの3.01%がトップで、証券、不動産、紙・パルプ、金属製品、情報通信がこれに続いた。東証1部の値上がり銘柄数は235(全体の13.4%)、値下がり銘柄数は1446(同82.4%)、変わらずは72銘柄だった。

個別では、ファーストリテイリング、ソフトバンク、ファナック、トヨタ自動車など主力株が軒並み売られ、ライト工業、クラレは大幅安。一方、材料株が個別物色され、渋谷工業はストップ高となった。

お盆休みが続く国内では、明日も目立った経済指標の発表はない。一方、米国では、今晩から週末にかけてNY連銀製造業景気指数など経済指標の発表が相次ぐことから、東京市場でも、米国経済や米国株の動向を強く意識しながらの展開となりそうだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT