日銀に次期総裁とダイエットの準備はあるか 日米金融政策で浮き彫りになる明らかな違い

✎ 1〜 ✎ 161 ✎ 162 ✎ 163 ✎ 最新
拡大
縮小

最後はお馴染みの競馬コーナーである。

気がつけば、今年上半期のGⅠレースは来週の宝塚記念(6月25日、阪神競馬場11R)を残すのみ。この週末は函館スプリントステークス(GⅢ、6月18日、函館競馬場11R)である。本格的な夏競馬の季節がもうそこまで来ている。競馬ファンの気持ちは福島、札幌、そして新潟へ。とりあえず緒戦のレースを当てて、何度も無念を噛みしめた2017年春(特にクラシックレース)の記憶を払拭したい。

函館スプリントはGⅠ馬セイウンコウセイを軸に

出馬表を見ると、今年は3月に行われたGⅠ高松宮記念の覇者、セイウンコウセイが登場する。鞍上も好調な幸英明騎手につき、ここから買うのがまずは常道であろう。ただしこのレース、4年連続で3連単10万馬券が飛び出すという波乱続きである。まあ良い、ならば薄めに流して高配当を狙うまで。

ずばり夏は牝馬から。まずはブランボヌールで、この馬は一見パッとしない戦績だが、北海道では3戦3勝と相性がいい。それからジューヌエコール。3歳馬とはいえ、斥量50キロは恵まれ過ぎだろう。

さらに穴馬に指名したいのが、いい枠(3枠3番)に入ったキングハート。それから3歳牡馬のレヴァンテライオンは、蛯名正義騎手の騎乗に何かありそうな予感がする。

セイウンコウセイから馬単で狙うか、男らしく3連単で勝負するか、あるいは3連複で手広く構えるか。その辺は当日考えることにしよう。出でよ高配当。

かんべえ(吉崎 達彦) 双日総合研究所チーフエコノミスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

Kanbee

吉崎達彦/1960年富山県生まれ。双日総合研究所チーフエコノミスト。かんべえの名前で親しまれるエコノミストで、米国などを中心とする国際問題研究家でもある。一橋大学卒業後、日商岩井入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員や、経済同友会代表幹事秘書・調査役などを経て2004年から現職。日銀第28代総裁の速水優氏の懐刀だったことは知る人ぞ知る事実。エコノミストとして活躍するかたわら、テレビ、ラジオのコメンテーターとしてわかりやすい解説には定評がある。また同氏のブログ「溜池通信」は連載500回を超え、米国や国際政治ウォッチャー、株式ストラテジストなども注目する人気サイト。著書に『溜池通信 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社)、『アメリカの論理』(新潮新書)など多数。競馬での馬券戦略は、大枚をはたかず、本命から中穴を狙うのが基本。的中率はなかなかのもの。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT