パナマ、ついに中国と正式な外交関係を樹立

台湾との外交関係は断絶

 6月12日、パナマは、中国と正式な外交関係を結ぶとともに、台湾と断交した。写真はパナマのバレラ大統領、国連で2016年9月撮影(2017年 ロイター/Eduardo Munoz)

[パナマ市 12日 ロイター] - パナマは12日、中国と正式な外交関係を結ぶとともに、台湾と断交した。

パナマのバレラ大統領は、テレビ放映された演説で、同国は中国との通商関係を強化し、世界第2のパナマ運河利用国である中国と完全な外交関係を樹立すると表明。「我が国にとって、これが正しい道と確信している」と述べた。

一方、パナマ政府は声明で、台湾は中国に属しており、中国は1つとの認識を表明。「パナマ政府はきょう、台湾との外交関係を断絶するとともに、あらゆる関係と公的な連絡を終了する」と述べた。

中国の国営テレビは、同国がパナマの決定を賞賛したと報じた。

近年、中国は中米諸国に大量の援助を提供して台湾との断交を促しており、パナマとの関係樹立は大きな収穫となった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT