パナマ、ついに中国と正式な外交関係を樹立

台湾との外交関係は断絶

 6月12日、パナマは、中国と正式な外交関係を結ぶとともに、台湾と断交した。写真はパナマのバレラ大統領、国連で2016年9月撮影(2017年 ロイター/Eduardo Munoz)

[パナマ市 12日 ロイター] - パナマは12日、中国と正式な外交関係を結ぶとともに、台湾と断交した。

パナマのバレラ大統領は、テレビ放映された演説で、同国は中国との通商関係を強化し、世界第2のパナマ運河利用国である中国と完全な外交関係を樹立すると表明。「我が国にとって、これが正しい道と確信している」と述べた。

一方、パナマ政府は声明で、台湾は中国に属しており、中国は1つとの認識を表明。「パナマ政府はきょう、台湾との外交関係を断絶するとともに、あらゆる関係と公的な連絡を終了する」と述べた。

中国の国営テレビは、同国がパナマの決定を賞賛したと報じた。

近年、中国は中米諸国に大量の援助を提供して台湾との断交を促しており、パナマとの関係樹立は大きな収穫となった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。