どれが吸われる?バカ売れ「IQOS」に挑む2強

受動喫煙論争よそに膨らむ加熱式たばこ市場

ちなみに名称について、報道などでは従来、「加熱式たばこ」と表現されている。が、筆者が考えるには、加熱のみだとグリセリンなどを含む水蒸気のイメージが湧かないので、「スチーム式たばこ」というほうが近いかもしれない。

JTが6月29日に銀座でオープンする「プルーム・テック」の専門店。世界観を表しているという(写真:JT提供)

加熱式たばこの場合、専用たばこの値段は、IQOSとプルーム・テックが1箱各460円、グローが同420円で、今ある紙巻きたばことさほど変わらない。ただし、本体が精密電子機器であるため、どうしても初期投資は高くなる。IQOSは1万0980円、プルーム・テックは4000円、グローは8000円だ(各社公式HPより。別途キャンペーン価格などもある)。

勝敗は立ち上がり時の顧客取り込み

勝敗を分ける決め手は、市場立ち上がり時を逃さず、いかに顧客を取り込めるかだ。先行者メリットのあるIQOSは有利だろう。もっとも、旧日本専売公社の広範な販売網を持ち、かつ本体価格も安い、JTのプルーム・テックも侮れない。グローも本体を充電せずに済むといった利点がある。

従来の単なる消耗品から、たばこと”機器”とを組み合わせた新たなビジネスモデルへと変貌させる、加熱式たばこ。嫌煙・分煙化の流れと相まって、たばこをめぐる環境を激変させるのは間違いない。

*本記事はたばこやパイプたばこなどの推奨や宣伝をする目的はまったくなく、商品分析のために書かれたものです。たばこは人体に有害とされているため、推奨されるものではありません。厚生労働省の方針も現時点でのものであります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT