どれが吸われる?バカ売れ「IQOS」に挑む2強

受動喫煙論争よそに膨らむ加熱式たばこ市場

ちなみに名称について、報道などでは従来、「加熱式たばこ」と表現されている。が、筆者が考えるには、加熱のみだとグリセリンなどを含む水蒸気のイメージが湧かないので、「スチーム式たばこ」というほうが近いかもしれない。

JTが6月29日に銀座でオープンする「プルーム・テック」の専門店。世界観を表しているという(写真:JT提供)

加熱式たばこの場合、専用たばこの値段は、IQOSとプルーム・テックが1箱各460円、グローが同420円で、今ある紙巻きたばことさほど変わらない。ただし、本体が精密電子機器であるため、どうしても初期投資は高くなる。IQOSは1万0980円、プルーム・テックは4000円、グローは8000円だ(各社公式HPより。別途キャンペーン価格などもある)。

勝敗は立ち上がり時の顧客取り込み

勝敗を分ける決め手は、市場立ち上がり時を逃さず、いかに顧客を取り込めるかだ。先行者メリットのあるIQOSは有利だろう。もっとも、旧日本専売公社の広範な販売網を持ち、かつ本体価格も安い、JTのプルーム・テックも侮れない。グローも本体を充電せずに済むといった利点がある。

従来の単なる消耗品から、たばこと”機器”とを組み合わせた新たなビジネスモデルへと変貌させる、加熱式たばこ。嫌煙・分煙化の流れと相まって、たばこをめぐる環境を激変させるのは間違いない。

*本記事はたばこやパイプたばこなどの推奨や宣伝をする目的はまったくなく、商品分析のために書かれたものです。たばこは人体に有害とされているため、推奨されるものではありません。厚生労働省の方針も現時点でのものであります。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
怒涛の半導体&電池

ビッグデータとEVシフトで需要爆発の半導体と電池。今なお日本が強みを発揮できる分野だ。主要企業や市場シェアがわかる業界地図、市場拡大の波に乗る注目銘柄100を掲載。