フジテレビ「お台場冒険王」 大人気イベントの意外な台所事情

フジテレビ「お台場冒険王」 大人気イベントの意外な台所事情

東京・台場で夏の風物詩となっているフジテレビジョン主催の「お台場冒険王ファイナル」が7月19日から始まった(8月31日まで)。タイトルにもあるように、開催は今年で最後。これまで使用してきたメイン会場の敷地で、2009年から不動産開発が始まるためだ。

冒険王は03年の開始から昨年までに延べ2011万人を動員した一大イベント。今年も人気アーティストによるステージが催されるほか、「めちゃ×2イケてるっ! 」「はねるのトびら」など人気番組のブースが所狭しと並ぶ。開催初日から3連休だったこともあり、家族連れやカップルなど約28万人が足を運んだ。来場者からは「毎年楽しみにしてきたイベントが終わるのは寂しい」と惜しむ声も多い。ただ、収支面は芳しくなかった。大規模な動員数を誇るものの、設営費用などがかさみ、毎年数億円、ひどい年には二十数億円の赤字を出してきたからだ。今年は「赤字を出さないのが目標」という。

来年以降も夏のイベントは「模様替えをして存続させる」(豊田皓社長)。しかし、景気減速による広告不振を受け、本業の放送収入は減少が続く。投資家や証券アナリストの目も厳しくなっており、これ以上の赤字垂れ流しは許されないだろう。冒険王の“後継”イベントは、コスト面での抜本的な見直しを迫られそうだ。

(中島順一郎 =週刊東洋経済)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?