トーンモバイルはなぜ「1機種1プラン」なのか

「無印良品」に学んだ格安スマホの戦略

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

キーワードを基にビジネスのヒントを聞く日テレNEWS24・デイリープラネット「飛躍のアルゴリズム」。今回は「トーンモバイル」社長・石田宏樹氏。格安スマホ市場に多くの企業が参入し競争が激化するなか、石田氏が掲げる「エッジ戦略」とは?

石田氏は、1972年佐賀県生まれの44歳。98年慶應義塾大学総合政策学部を卒業。2000年にインターネット技術を提供する「フリービット」を創業。2013年にはスマートフォン事業に参入し月額1000円で利用できる「フリービット・モバイル」を展開。現在の格安スマホ事業を先駆ける。そして、2015年には、TSUTAYAなどを手がけるカルチュア・コンビニエンス・クラブとともに設立した「トーンモバイル」の社長に就任。

「これがいい」と「これでいい」は大きく違う

――1つめのキーワードは「スペックだけでは勝負しない。1機種1プラン『これ“で”いい』」。まずは、こちらがトーンモバイルで唯一販売されているオリジナル端末ということですが持たせていただきますと手触りが違いますね。

あきらかに違う感じですよね。ターゲットとして、お子様や高齢者の方々も使いやすくなっています。いまはガラスを使ったものが多いのですが、そうではなく滑りにくいデザインということで、大変好評いただいています。

次ページターゲットは子どもとシニア層
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。