韓国の大統領選に「泡沫候補」が乱立する事情

供託金3億ウォンを失うかもしれないのに…

5人の有力候補が戦った選挙戦。実は8人もの”泡沫”候補も出馬している(撮影:楊虔豪)

5月9日に行われた韓国大統領選挙。最大野党「共に民主党」前代表の文在寅(ムン・ジェイン)候補や、与党「自由国民党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補、第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補など、事実上、有力候補5人による選挙戦だ。一方で今回の選挙にはほかに8人の候補者がいる。こうした候補者を韓国では「群小候補」と呼ぶ。いわゆる”泡沫候補”たちだ。

当記事は「ソウル新聞」掲載記事の日本語訳です(一部、理解を助けるための加筆をしています)

泡沫候補たちの当選可能性は、あまりにも低い。それでも、彼らは3億ウォン(約3000万円)の供託金を出して、厳しい選挙戦に打って出た。なぜ、総額数十億ウォンかかるとされる選挙費用を出してまで、彼らは出馬したのか。

韓国の公職選挙法によれば、投票日を基準にして5年以上韓国国内に居住している40歳以上の国民は、誰でも大統領選に出馬できる。ただ、むやみな候補者乱立を避けるため、出馬時に供託金3億ウォンを出すようになっている。投票の結果、15%以上の得票率を得ると、この供託金は全額戻ってくる。10~15%未満だと、半額の1億5000万ウォン(約1500万円)が戻ってくるが、10%未満だと全額戻ってこない。

得票率で供託金を全額失うこともある

そのため、当選可能性の低い泡沫候補にとっては、カネをどぶに捨てるようなものだ。全国を駆け回る選挙戦には、数十億ウォンの資金が必要。たとえば遊説に使う車1台を用意するには、車種にもよるが1500万~3000万ウォン(約150万~300万円)の費用がかかってしまう。

これほどカネがかかる大統領選に、それでも泡沫候補たちが出馬する第一の理由は、知名度向上のための「広報」の一環であるためだ。全国あちこちにある、自分の顔が写ったポスターによって、自分の名前と顔、公約や政治信条などのメッセージを、津々浦々まで知らせることができる。この効果を考えると、たとえ数十億ウォンかかってでも、十分な費用対効果が得られるという。

だが、同じ泡沫候補でも、各候補によって財政事情は違う。「富める者はますます富み、貧しきものはますます貧しくなる」とは韓国社会の所得格差を指してよく使われる言葉だが、泡沫候補の中でもこれが当てはまる。公約など選挙資料を分厚く作成、かつ手広くばらまくことができる候補がいる一方で、節約に節約を重ねてカネを思い通りには使えず、選挙資金を十分に用意できないまま立候補した候補もいる。

次ページ泡沫候補たちはなぜ出馬したのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT