羽生など笑顔、フィギュアの世界国別対抗戦

日本が2012年以来、通算2回目の優勝を獲得

 4月22日、フィギュアスケートの世界国別対抗戦、日本がチーム得点を109点として、2012年以来で通算2回目の優勝を果たした(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[22日 ロイター] - フィギュアスケートの世界国別対抗戦は22日、東京・国立代々木競技場で競技を行い、日本がチーム得点を109点として、2012年以来で通算2回目の優勝を果たした。

女子フリーでは三原舞依が世界歴代4位となる、日本歴代最高の146.17点で2位。樋口新葉が145.30点で3位だった。

エフゲニア・メドベージェワが自身の世界歴代最高得点を塗り替える160.46点で1位となり、ロシアが105点で2位だった。前回優勝の米国が97点で3位。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT