羽生など笑顔、フィギュアの世界国別対抗戦

日本が2012年以来、通算2回目の優勝を獲得

 4月22日、フィギュアスケートの世界国別対抗戦、日本がチーム得点を109点として、2012年以来で通算2回目の優勝を果たした(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[22日 ロイター] - フィギュアスケートの世界国別対抗戦は22日、東京・国立代々木競技場で競技を行い、日本がチーム得点を109点として、2012年以来で通算2回目の優勝を果たした。

女子フリーでは三原舞依が世界歴代4位となる、日本歴代最高の146.17点で2位。樋口新葉が145.30点で3位だった。

エフゲニア・メドベージェワが自身の世界歴代最高得点を塗り替える160.46点で1位となり、ロシアが105点で2位だった。前回優勝の米国が97点で3位。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT