ソフトバンク孫社長、米国戦略を初公表

第1四半期の営業利益は初のドコモ超え

2.5ギガヘルツ割当には「アンフェア」と

また、孫社長は、グループのワイヤレスシティプランニング(WCP)とKDDIグループのUQコミュニケーションズが申請していた2.5ギガヘルツ帯の電波割り当てで、UQに割り当てが決まったことに関して、不平等であるとあらためて主張した。

「こんなアンフェアな割り当てになるとは夢にも思っていなかった。正式な認可の付与までの間に、どうしてこの判断となったのか、せめて公開討論をさせてほしい。プロセスがわからないようだったら行政訴訟に出る。ただ、以前行政訴訟をした時のように総務省に出入り禁止になり、意地悪をされる可能性もあるし…。正直なところ悩んでいる」と明かした。

今回、割り当てが決まった2.5ギガヘルツ帯について、米国市場ではスプリント子会社のクリアワイヤが多くの周波数を保有している。そのため、孫社長はスプリント再生に向けて、日米で同帯域をフル活用する作戦だった。今後の米国展開に一定の影響を及ぼす可能性もありそうだ。

(撮影:尾形 文繁)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT