サッカーW杯欧州予選、ドイツが敵地で快勝

アゼルバイジャンに4─1で勝利

 3月26日、サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選は各地で試合を行い、C組のドイツはアンドレ・シュールレ(写真右)の2ゴールなどでアゼルバイジャンを敵地で4─1で下した(2017年 ロイター/David Mdzinarishvili)

[26日 ロイター] - サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選は26日、各地で試合を行い、C組のドイツはアゼルバイジャンを敵地で4─1で下した。

ドイツは前半19分、2015年10月以来のスタメン出場となったアンドレ・シュールレのゴールで先制すると、同30分に失点を喫したものの、同35分にトーマス・ミュラーのゴールで再びリード。さらに同44分にマリオ・ゴメスのゴールで突き放すと、後半35分にもシュールレがゴールを決めた。

今予選5連勝、W杯予選の無敗記録を44試合に伸ばしたドイツは勝ち点15で2位の北アイルランドに同5差をつけて首位。同8のチェコが3位。同7のアゼルバイジャンが4位。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング