サッカーW杯欧州予選、ドイツが敵地で快勝

アゼルバイジャンに4─1で勝利

 3月26日、サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選は各地で試合を行い、C組のドイツはアンドレ・シュールレ(写真右)の2ゴールなどでアゼルバイジャンを敵地で4─1で下した(2017年 ロイター/David Mdzinarishvili)

[26日 ロイター] - サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選は26日、各地で試合を行い、C組のドイツはアゼルバイジャンを敵地で4─1で下した。

ドイツは前半19分、2015年10月以来のスタメン出場となったアンドレ・シュールレのゴールで先制すると、同30分に失点を喫したものの、同35分にトーマス・ミュラーのゴールで再びリード。さらに同44分にマリオ・ゴメスのゴールで突き放すと、後半35分にもシュールレがゴールを決めた。

今予選5連勝、W杯予選の無敗記録を44試合に伸ばしたドイツは勝ち点15で2位の北アイルランドに同5差をつけて首位。同8のチェコが3位。同7のアゼルバイジャンが4位。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT