サッカーW杯欧州予選、ドイツが敵地で快勝

アゼルバイジャンに4─1で勝利

 3月26日、サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選は各地で試合を行い、C組のドイツはアンドレ・シュールレ(写真右)の2ゴールなどでアゼルバイジャンを敵地で4─1で下した(2017年 ロイター/David Mdzinarishvili)

[26日 ロイター] - サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選は26日、各地で試合を行い、C組のドイツはアゼルバイジャンを敵地で4─1で下した。

ドイツは前半19分、2015年10月以来のスタメン出場となったアンドレ・シュールレのゴールで先制すると、同30分に失点を喫したものの、同35分にトーマス・ミュラーのゴールで再びリード。さらに同44分にマリオ・ゴメスのゴールで突き放すと、後半35分にもシュールレがゴールを決めた。

今予選5連勝、W杯予選の無敗記録を44試合に伸ばしたドイツは勝ち点15で2位の北アイルランドに同5差をつけて首位。同8のチェコが3位。同7のアゼルバイジャンが4位。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。