「ムダな洋服」をつい買ってしまう人の盲点

高額なうえに場所も取る、買い物の鬼門

買い物をするなとは言わない。ただし、その順番が大切なのだ。衣替えシーズンなのでこのアイテムを買おう、ついてはオトクな買い方ができないかと考えるのが正しい順で、オトクだから何か買わないと、という順序ではまんまと罠にはまってしまう。筆者は「買うもの」というメモを携帯に作って、それに必要な物を入力している。買いたいものをまずはっきりさせることが、ムダ遣いや要らぬ衝動買いを防ぐための初歩ではないだろうか。

今安く買うなら「冬眠アイテム」を狙え

これからの需要を考えれば、今投げ売りされるとすれば冬物だろう。あえて今、来シーズンをにらんで冬物を買う手もある。服でいえば、流行に左右されにくいオーソドックスなニット製品やダウンにボア素材の小物、発熱機能付き下着など。筆者はこれを「冬眠アイテム」と呼んでいるが、必ず来年も使うとわかっていれば、あえてこのタイミングで入手しておくのもありだと思う。洋服以外でも、ホットカーペットや電気敷毛布などのあったかグッズ関連も買い時といえるだろう。

ただし、来シーズンの物まで保管するには場所がいる。以前の記事(お金が貯まる人の部分的「ミニマリスト」生活)でも述べたが、そもそも洋服というのはなかなか捨てられないものだ。特にかさばる冬物はさらに場所を塞ぐ。買い物もいいが、処分する作業も並行して行いたい。

何を処分して何を残すか。要不要の判断ができないものは、当たり前だが着てみることだ。これから買い物にでかけるなら、残すか処分するか迷っている服をあえて着てみよう。服とは着ている自分からは見えず、他人から見えるもの。これを着た自分を他人はどう思うか、テイストが古くないか、年相応に見えるか、安っぽくはないか。「……ちょっと、人さまには見せられない……」、そう感じたら潔くあきらめられる。

あるスタイリストが「自分がその服が好きかではなく、その服を着た自分が他人からすてきに見えるか」が服選びで大事なことだと言っており、なるほどまったくそのとおりと膝を打ったものだ。もし自分ではピンと来ないなら、家族や友人に厳しく「その服を着たあなたはすてきに見えるか」をジャッジしてもらうとよいだろう。

春は出会いの季節。自分を魅力的に見せてくれる服を、適正価格で適量だけ無駄なく購入しよう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。