久美子社長「大塚家具を誤解しないでほしい」

新経営ビジョンを公表、どう立て直すのか

大塚久美子(おおつか・くみこ)/大塚家具社長。1968年埼玉県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、富士銀行(現みずほフィナンシャルグループ)に入行。1994年大塚家具入社、経営企画室長を経て社長に就任。一度退任となるも社長に復帰し現職(撮影:今井康一)

――今後、具体的な数値目標に踏み込んだ中期経営計画を出す予定は?

今のところは新しい中期計画を出す予定はありません。今期(2017年12月期)の会社計画である営業黒字5億円の実現に向けてやっていきたい。まずはそこがないと、その先は絵に描いた餅ですから。

昨年、数字を落としたいちばんの原因は「大塚家具がなんたるか」が崩れてしまったためです。ブランドイメージを立て直すビジョンがあって、それができて初めて、公表する数字を信用してもらえる。まずは足元を固めることが必要になると思います。

改革は2年、3年と続けていく

――改革は何年ほどで実を結ぶと考えていますか?

今年はある程度コストを削減する必要もあるため、大型店を縮小し、(コストがかからない)小型店を多く出店していきます。たとえば1万平方メートルのお店を5000平方メートルのお店に縮小したら、削減した分のコストで小型店をいくつも出せる。固定費の比率も下げていくことができます。

改革自体は1年で終わるものではないし、2~3年とかかります。去年は価格面の誤解など、騒動の後遺症もありました。社員の接客対応など、うまくいかなかったこともありました。今年はこうした課題を、どう新しい戦略に生かしていくかが重要だと考えています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。