自転車界のインテル、「シマノ」高収益の秘密

ツール・ド・フランス出場チームも部品を愛用

会社側は2017年12月期の業績を売上高3300億円(前期比2.2%増)、営業利益660億円(同2.3%増)と前期比で小幅増程度を計画する。主力の欧州での売上高を2%増と保守的に見ているためだ。

2015年の水準と比べると物足りなく映るが、SMBC日興証券の岡芹シニアアナリストは「前期に発売したMTB向け電動変速機の上位機種が本格的に売れてくるだろう。欧州では在庫調整も終わったので、会社計画からの上積みが期待できる」と指摘する。

中国市場の開拓が課題

中長期的な課題は、中国を中心とする新興国市場の取り込みだ。先進国市場は成熟しており、市場拡大は望めない。前出の駒形・慶大教授によれば、現在の世界の自転車生産台数は1.1~1.2億台。そのうち中国が8000万台を占める(電動自転車は含まない)という。

台数だけでみれば中国は一大マーケットだが、地場メーカーなどの手掛ける安価な自転車が大きなシェアを占める発展途上の市場でもある。シマノは中国市場において、2016年は前年比34%減と販売を落とした。

島野社長は「中国地場のメーカーは(自転車が売れると見込むと)一気にドカーンと作ってしまう。在庫がはけないと、そのうち安売りも始める」と中国市場の難しさを語る。将来市場が成熟してきたときに、得意のスポーツ車向け部品をどこまで訴求できるかが成長のカギとなりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT