サンローランの広告に批判が殺到したワケ

女性の「品位を傷つける」

 3月6日、フランスの広告規制当局は、高級ファッションブランド、イブ・サンローランに対し、広告キャンペーンの一部写真を変更するよう要求した。「女性の品位を傷つけている」との苦情が50件寄せられたためという。写真はパリの新聞スタンドに貼られたサンローランの広告(2017年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 6日 ロイター] - フランスの広告規制当局ARPPは6日、高級ファッションブランド、イブ・サンローランに対し、広告キャンペーンの一部写真を変更するよう要求した。「女性の品位を傷つけている」との苦情が50件寄せられたためという。

問題の広告ポスターは2つあり、毛皮のコートと網タイツの女性が横になって足を開いた写真と、レオタード姿の女性がローラースケートの付いたハイヒールを履き前屈みでスツールにもたれる写真。

ARPPはロイターに「できるだけ早くこれらの広告を変更するよう求めた」と述べた。広告業界が定める「尊厳や品位を傷つけてはならない」というルールに違反していると指摘した。モデルたちが非常にやせていることも懸念要因だという。

サンローランのコメントは得られていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング