田中規制委員長「東電だけでは解決不能」

東電、汚染水の海洋流出で信頼また失墜

「東京電力だけに押しつけるのでは解決しない。わが国の、関係するところがもっと一体的に協力する必要がある」――。

福島第一原子力発電所の放射性汚染水を含む地下水が、専用港湾内に漏出していることを7月22日に認めた東京電力。その汚染水問題について、原子力規制委員会(以下、規制委)の田中俊一委員長は、24日の定例会見で冒頭のように語った。

規制委の要請から1カ月近く、やっと認めた東電

規制委では6月26日に島崎邦彦委員長代理が、潮位と地下水の水位との相関関係を調べるように東電に要請。しかし、東電がその相関関係の存在と海洋流出を認めたのは、それから1カ月近く経った後だった。

東電は、今回の判断に至った潮位や地下水のデータを今年1月末から収集してにもかかわらず、それらのデータを規制委に報告していなかった。いつから海洋流出が続いているのか、東電はこれまで本当に流出の事実を知らなかったのか、いまだに疑問は残る。

また、東電は、汚染は港湾内にとどまるとの見方を示しているが、海洋生物への影響を含め、汚染の広がりは明らかではない。

次ページ海に捨てられるようにしないと…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT