石橋湛山は「地下鉄の父」をペンの力で支えた

信念を貫き偉業を成し遂げた2人の接点

地下鉄開業時に使用された車両を模して登場した東京メトロ銀座線の新型車両(写真:尾形文繁)

現在では都市の交通に欠かせない地下鉄。今年は、日本初の地下鉄である東京メトロ銀座線・浅草-上野間が開業してから90年にあたる。

しかし、今では当たり前となっている地下鉄も、計画当初はなかなか理解を得られず、厳しい批判にさらされた。「ほら吹き」との罵声も浴びせられる中でその可能性を信じ、日本初の地下鉄開業にこぎつけたのは、早川徳次(はやかわ・のりつぐ)という山梨県出身の男だ。

そして、この地下鉄計画に当初から支持を示していたのが、当時「東洋経済新報」記者だった石橋湛山だった。

地下鉄の可能性を信じた石橋湛山

「東京市が、一両年中に、有力なる一大交通機関を有し得る望みを生じたことは、東京市民の為めに慶賀せざるを得ない」。石橋は、1919(大正8)年11月29日の東洋経済新報「財界概観」に、早川らの東京軽便地下鉄道に対して鉄道敷設免許が下りたことを受けてこう書いている。

当時、路面電車以外の都市交通として考えられていた交通機関としては、高架鉄道や乗合自動車(バス)などがあった。だが、石橋は「道幅が狭く、路面が悪く、空中に種々なる障碍物がある」東京での自動車交通には肯定的ではなかったようだ。同記事でも「東京市の道路に於て、自動車が到底有力な交通機関たり得ざるは、東京市街自動車の実験に依て証された」と述べ、自動車は東京の都市交通として十分ではないと論じている。

また、高架鉄道についても「それ(高架鉄道)だけで東京市民の交通に十分ならぬは、之亦今迄の実験により明白だ」と述べ、新たな都市交通として地下鉄への期待感を示している。

次ページ地下鉄道計画「東京市民に代って感謝する」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT