任天堂が「マリカー」を訴えざるを得ない事情

「マリオ」のただ乗りは絶対に許せない

「クールジャパン」という言葉が定着し、日本のコミックや音楽、映画やゲームが海外で評価されているとのニュースを見ますが、それぞれの分野の輸出額と輸入額の収支を見ると、黒字(輸出額が超過している)なのは実はゲームの分野だけです。

子どもたちに人気の「妖怪ウォッチ」や「ポケットモンスター」も、コミックやテレビアニメから始まったのではなく、ゲームのキャラクターが漫画化され、テレビアニメ化され、おもちゃやグッズが販売されるという順番をたどっているのです。

ゲームで世界中に知れ渡ったキャラクターの著作会社は、その後Tシャツやタオル、文房具やお菓子などのメーカーにキャラクターの使用を許諾することによって、巨額の著作権使用料を得ることができます。何もせず、ただキャラクターの使用を許可するだけで巨額のおカネが転がり込んでくるようになるのです。

使用料さえ得られれば良いワケではない

キャラクターの著作会社は、使用料さえ得られればどんな相手でも使用を許諾するわけではありません。例えば極端に印刷の精度が悪いキャラクター入りタオルが市場に出回ったり、キャラクター入りの味が悪いスナックが市販されてしまったりすると、そのキャラクターの価値を毀損してしまい、次第にキャラクターのブランド力を落としていってしまうからです。

キャラクタービジネスは「質のいいキャラクターイメージを長く保てるか」が肝心です。だからこそ、目先の費用対効果は度外視してでも、キャラクターの不正使用や海賊版に目を光らせ、排除しようとするわけです。

キャラクタービジネスを世界一成功させている会社は、言うまでもなくウォルト・ディズニーです。ディズニーのキャラクター著作権コントロールと不正使用の監視は世界中で徹底されています。任天堂がキャラクタービジネスを大きくしたいのであれば、ディズニーのような厳格な姿勢が必要なのでしょう。

世界中で大ヒットしたポケモンGOは、任天堂の製品ではありませんが、ピカチュウなどのキャラクターの権利を株式会社ポケモン(任天堂の出資会社)が持っていたことにより、任天堂にも大きな利益をもたらしました。昨年のリオ五輪閉会式に安倍晋三首相がマリオのコスプレで登場し、大きな話題を呼んだように、任天堂が世界に誇れる最大のキャラクターは「マリオ」と「ルイージ」。そのブランドイメージを毀損させるような「ただ乗り」は絶対に許せないというわけです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。