スズキ「新型ワゴンR」の高すぎる販売目標

月間1.6万台を本当に達成できるのか

4年半ぶりにフルモデルチェンジしたスズキの「ワゴンR」(撮影:尾形文繁)

初代から数えて6代目の「ワゴンR」

スズキが主力の軽自動車「ワゴンR」を2月1日にフルモデルチェンジ(全面改良)した。

1993年登場の初代から数えて6代目。4年半ぶりに新型へ切り替わったワゴンRは3つの異なる顔つきをそろえ、発進時にモーターのみで走行できるマイルド・ハイブリッド・システムを搭載したほか、新型プラットフォーム(車台)の採用で20キログラムの軽量化を実現し、燃費は最も良いモデルでガソリン1リットル当たり33.4キロメートルを達成した。歴代モデルに負けない意欲作となっている。

一方、スズキが掲げた新型ワゴンRの月間販売目標に筆者は驚いた。発表時のニュースリリースに太字で記載してあった「ワゴンRシリーズ全体1万6000台」の数字だ。先代の5代目ワゴンRがデビューした2012年当時のニュースリリースを見返してみると、月間販売目標は同じく1万6000台。ただ、同じ数字目標を掲げるには、当時と今では状況はあまりに異なっている。

従来の2つから3つの顔を持つことになった新型ワゴンR。販売台数の上乗せを狙っているのだろうか

初代デビュー当初のワゴンRは助手席側にしか後部ドアのないことや、当時としては珍しい背の高いボクシーなスタイルを採用。瞬く間に人気が高まり、軽自動車の車名別新車販売ランキングのトップクラスに長らく君臨してきた。

ところが、ここ最近は販売台数の縮小が続いている。2012年9月に登場した先代の6代目ワゴンRは初めて通年販売となった2013年こそ約18万6000台(同約1万5500台)と販売目標至近で推移したものの、2014年は17.5万台(同約1万4000台)へ低下した。さらに年を追うごとに販売台数は縮み、2016年は約8万1000台(同約6700台)とモデル末期だったとしても、発売当初に掲げた目標の半分にまで落ち込んでいた。

次ページスーパーハイトワゴンの台頭で
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT