マレーシアが駐北朝鮮大使を召還へ

金正男氏事件を巡って

 2月20日、マレーシア外務省は20日、クアラルンプールで起きた金正男氏の殺害事件の捜査手法を北朝鮮側が非難したことを巡り、カン・チョル駐マレーシア北朝鮮大使(写真中央)に抗議した。写真は15日に撮影された金正男氏の遺体があるクアラルンプールの病院から立ち去るカン・チョル氏。(2017年 ロイター/Edgar Su)

[クアラルンプール 20日 ロイター] - マレーシア外務省は20日、クアラルンプールで起きた金正男氏の殺害事件の捜査手法を北朝鮮側が非難したことを巡り、カン・チョル駐マレーシア北朝鮮大使に抗議した。

また、駐北朝鮮マレーシア大使を平壌から召還したと発表した。

マレーシア外務省によると、カン大使を同省に呼び、17日の会見でマレーシア政府を非難したことについて説明を求めたという。

外務省の声明では、カン大使はこの会見で、マレーシアについて外部勢力と結託しているなどと非難していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。