孤高のホンダが「仲間づくり」を始めた理由

ハイブリッド・EV用モーターで日立とタッグ

電動車の開発競争は激しさを増すばかりだ。EVベンチャーの米テスラは今年中にも、300万円強という普及価格帯の小型車「モデル3」の納車を始める。EVの普及が急速に進む中国では、BYDなどの地場系メーカーが電動車で力をつけつつある。排ガス問題に揺れた独フォルクスワーゲンは2025年にEVを年間200~300万台を販売すると宣言し、2016年12月にはトヨタがEV量産化に向けた社長直轄の新組織を新設した。

EVにとってのモーターはガソリン車にとってのエンジンと同じで、車を駆動させる重要部品。ホンダはこれを日立と一緒に開発・生産することになる。出資比率は日立が51%、ホンダが49%であり、基本的には、「ホンダよりもモーターの経験が豊富な日立がこの合弁会社の経営を担う」(八郷社長)のだという。

自前ではモーターを賄いきれない

ホンダの小型車に搭載されている1モーターのハイブリッドシステム(撮影:今井康一)

トヨタや日産と同じく、ホンダも現状では電動車用のモーターを全量自前で、すべて国内で生産している。

2015年11月には中大型車向けHVモーターの量産を浜松の工場で開始し、2ライン目が2016年7月に、3ライン目が10月に稼働したばかり。鈴鹿製作所でも2016年8月から小型車向けHVモーター用の新ラインが動き始めるなど、国内では立て続けにモーターの生産能力を増強している。

ただこれだけ投資をしても、ホンダの掲げる「2030年に新車販売台数の3分の2を電動化する」という目標の達成には国内の生産能力では到底足りない。日立はすでにGMのEVなどにモーターを供給してきた実績がある。モーターの生産は大きな設備産業で莫大な投資がかかるため、中途半端な規模でホンダが独自に投資をするよりも、すでに量産技術を持つ日立とスケールメリットを活かして製造するほうが効率的と判断した。

現在の電動車の最大市場は北米で、次に中国が続くとされる。ホンダと日立の合弁会社は、ゆくゆくは両国でのモーターの現地生産も始めるために子会社を設立する計画だ。

電動車の中心部品となるバッテリーやインバーター、モーターといった部品については、競争力の高いものを部品メーカーから買い集めることで、ホンダ自身は車一台に組み立てるところに開発のリソースを割き、自動車メーカーとしての競争力を発揮していく構えだ。

電動化は自動運転と並ぶ自動車業界の重要テーマ。その基幹部品ですら自前主義を貫かなくなったホンダ。これは自動車業界の急激な変化に乗り遅れないための、苦渋の決断なのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT