JR東海「夏の新制服」はクールビズだった

ついに「上着なし」「ネクタイなし」に

JR東海は今年6月から制服を刷新する。こちらは駅・在来線・指令員の制服(写真:JR東海)

ついに「上着なし」「ネクタイなし」に――。2月7日、JR東海は今年6月から着用する新制服のデザインを発表した。JR東海といえば、夏期の「クールビズ」が広がる中でもネクタイやスーツの着用を貫いてきた会社。しかし、発足から30年目の夏は心機一転、新たなスタイルで迎えることになる。

制服の全面刷新は1992年以来、25年ぶり。従来の制服はファッションデザイナーの山本耀司(ヨウジヤマモト)さんによるデザインで、特に新幹線乗務員の夏服である白系のスーツは東海道新幹線をよく利用する人ならおなじみだっただろう。新デザインの制服では年間を通じて紺色が基調となり、白いスーツは姿を消す。

在来線はノーネクタイ、新幹線はジャケットなし

こちらが新幹線の乗務員用制服。夏もネクタイ着用だ(写真:JR東海)

新しい制服は現場長用、新幹線乗務員用、駅・在来線乗務員・指令員用の3種で、それぞれ夏服と3シーズン用がある。デザインについては、鉄道などの交通機関や官公庁など各種の制服を手がけている公益財団法人日本ユニフォームセンターに委託した。

最大の注目点は、これまで夏服でもネクタイ着用(新幹線乗務員などはジャケットも着用)だったのが、駅・在来線乗務員・指令員用はネクタイなしの半袖開襟シャツに、新幹線の乗務員はネクタイは引き続き着用するものの上着なしのスタイルに変わること。一方、現場長用は年間を通じてダブル6ボタンのスーツスタイルだ。

次ページノーネクタイが在来線だけなのは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT