米カリフォルニア大学バークリー校が封鎖

右派の講演への抗議デモが激化

 2月1日、米カリフォルニア州のカリフォルニア大バークリー校で、右派メディアの編集者が予定していた講演に対するデモが激化し、抗議者らが金属片や爆竹を投げたりしたため、講演は中止となり、大学は封鎖された。写真は同校で撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[1日 ロイター] - 米カリフォルニア州のカリフォルニア大バークリー校で1日、右派メディアの編集者が予定していた講演に対するデモが激化し、抗議者らが金属片や爆竹を投げたりしたため、講演は中止となり、大学は封鎖された。大学がツイッターで明らかにした。

講演を予定していたのは、保守系ニュースサイト「ブライトバート」の編集者、ミロ・イアノポウラス氏。同ニュースサイトでは、トランプ米大統領の首席戦略官・上級顧問、スティーブ・バノン氏が政権入り前に会長を務めていた。

CNNによると、抗議には数百人が参加したとみられ、トランプ氏に抗議する者も多数いたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。