米カリフォルニア大学バークリー校が封鎖

右派の講演への抗議デモが激化

 2月1日、米カリフォルニア州のカリフォルニア大バークリー校で、右派メディアの編集者が予定していた講演に対するデモが激化し、抗議者らが金属片や爆竹を投げたりしたため、講演は中止となり、大学は封鎖された。写真は同校で撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[1日 ロイター] - 米カリフォルニア州のカリフォルニア大バークリー校で1日、右派メディアの編集者が予定していた講演に対するデモが激化し、抗議者らが金属片や爆竹を投げたりしたため、講演は中止となり、大学は封鎖された。大学がツイッターで明らかにした。

講演を予定していたのは、保守系ニュースサイト「ブライトバート」の編集者、ミロ・イアノポウラス氏。同ニュースサイトでは、トランプ米大統領の首席戦略官・上級顧問、スティーブ・バノン氏が政権入り前に会長を務めていた。

CNNによると、抗議には数百人が参加したとみられ、トランプ氏に抗議する者も多数いたという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?