米カリフォルニア大学バークリー校が封鎖

右派の講演への抗議デモが激化

 2月1日、米カリフォルニア州のカリフォルニア大バークリー校で、右派メディアの編集者が予定していた講演に対するデモが激化し、抗議者らが金属片や爆竹を投げたりしたため、講演は中止となり、大学は封鎖された。写真は同校で撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[1日 ロイター] - 米カリフォルニア州のカリフォルニア大バークリー校で1日、右派メディアの編集者が予定していた講演に対するデモが激化し、抗議者らが金属片や爆竹を投げたりしたため、講演は中止となり、大学は封鎖された。大学がツイッターで明らかにした。

講演を予定していたのは、保守系ニュースサイト「ブライトバート」の編集者、ミロ・イアノポウラス氏。同ニュースサイトでは、トランプ米大統領の首席戦略官・上級顧問、スティーブ・バノン氏が政権入り前に会長を務めていた。

CNNによると、抗議には数百人が参加したとみられ、トランプ氏に抗議する者も多数いたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT