韓国大統領選、潘基文氏が出馬見送り表明

一部の政治家の「身勝手な」態度に失望

 2月1日、聯合ニュースによると、韓国の潘基文(バン・キムン)前国連事務総長は1日、大統領選への出馬を見送ると表明した。写真はソウルで1月撮影(2017年 ロイター/KIM HONG-JI)

[ソウル 1日 ロイター] - 聯合ニュースによると、韓国の潘基文(バン・キムン)前国連事務総長は1日、大統領選への出馬を見送ると表明した。

潘氏は保守系政党の指導者との会合後、国会で緊急会見を開き、一部の政治家の「身勝手な」態度に失望したと発言。そのような政治家の仲間に加わるのは「無意味だ」とし、「自ら先頭に立って政治を変え、国の融和を目指すという考え自体を捨て去る決心をした」と述べた。

潘氏は一時期、次期大統領の有力候補とみられていたが、最近の世論調査では、支持率が2位に低迷。最大野党「共に民主党」の文在寅前代表が、支持率トップとなっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。