韓国大統領選、潘基文氏が出馬見送り表明

一部の政治家の「身勝手な」態度に失望

 2月1日、聯合ニュースによると、韓国の潘基文(バン・キムン)前国連事務総長は1日、大統領選への出馬を見送ると表明した。写真はソウルで1月撮影(2017年 ロイター/KIM HONG-JI)

[ソウル 1日 ロイター] - 聯合ニュースによると、韓国の潘基文(バン・キムン)前国連事務総長は1日、大統領選への出馬を見送ると表明した。

潘氏は保守系政党の指導者との会合後、国会で緊急会見を開き、一部の政治家の「身勝手な」態度に失望したと発言。そのような政治家の仲間に加わるのは「無意味だ」とし、「自ら先頭に立って政治を変え、国の融和を目指すという考え自体を捨て去る決心をした」と述べた。

潘氏は一時期、次期大統領の有力候補とみられていたが、最近の世論調査では、支持率が2位に低迷。最大野党「共に民主党」の文在寅前代表が、支持率トップとなっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。