ライフネット・岩瀬大輔社長が語る「起業論」

ロジックと人の感情とで事業はできていく

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

様々なジャンルのフロントランナーを招き、キーワードを基にビジネスのヒントを聞く日テレNEWS24・デイリープラネット「飛躍のアルゴリズム」。今回は「ライフネット生命保険」岩瀬大輔・代表取締役社長。戦後初の独立系生保を立ち上げた際の苦労や、ハーバード大学院を上位5%の成績で卒業した頭脳と信念に迫る。

岩瀬氏は、1976年生まれの40歳。1998年、東京大学法学部を卒業(在学中に司法試験合格)。ボストンコンサルティンググループを経て、ハーバード大学経営大学院を上位5%の成績で卒業。その後、2006年にライフネット生命保険を設立、2013年に同社代表取締役社長に就任。

勉強が好きだったんですか?

――東大、司法試験合格、ハーバード、起業、上場と華々しい経歴ですが、本人からすれば「当たり前」という感じですか。

学生時代の話は、仕事をしているとあまり関係ないですね。でもビジネススクールでいろんなことを学んだんですけど、「本当の経営って全然違うんだな」って、日々悪戦苦闘しています。

――ビジネススクールで学んだことを、それで卒業して終わりじゃなくて、それを生かしていますね。

やっぱり学校の勉強と違って実業に役立てなければいけないので、そういった気持ちで10年前のことを思い出したりします。ホントに「あの時書いてあったのに、何でできないんだろう」ということを日々、自分に言い聞かせてます。

――ハーバードで上位5%の成績で卒業するというのは、「何でみんな逆にそうじゃないの」と思っているのか、それとも結構努力されてきたんですか。

何事も「トレードオフ」だと思っていて、みんなが友達をたくさん増やすのに、クラスのみんなと飲み会とか行ってる時間も、僕は「もっと勉強しよう」と思ってずっと勉強していましたし、時間の使い方ですかね。

次ページサブプライムローン問題の時期とぶつかり…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT