「世界一幸せなデンマーク人」と日本人の違い

働くモチベーションからして全然違う

意識調査によると、日本人はあまり幸せを感じていないようだが……。少なくとも「死ぬほど働く」という概念は、北欧の人たちには理解できないだろう。

――著書によると、特にデンマーク人はワーク・ライフ・バランスを重視しているようですが、どうやって仕事と日常生活をバランスさせているのでしょうか。

面白くない話かもしれないが、税金によって富の再分配ができていることが大きい。福祉が充実していて経済的に平等だと、必死に働いて稼ぐ必要がない。デンマークはノルウェーのように天然資源に恵まれているわけではない。それでも、彼らには商才があるようで、貿易できちんと経済を成り立たせている。

デンマーク人にとって働くモチベーションは?

――あまりに福祉が充実していたり、労働時間や意欲にかかわらず賃金が同じだったりすると、働くモチベーションがそがれる気が……。

私も同じようなことを考えたことがあるが、実際は違う。(世界銀行の調査によると)デンマークはビジネスがしやすい国、新興企業を始めやすい国ランキングで上位に選ばれている。デンマークはほとんど完全雇用に近い状態にある。

ただし、働くことに対するモチベーションは日本人と異なるだろう。デンマーク人が幸福な理由のひとつは、多くの人が自分の仕事が好きだと感じ、自分の仕事をコントロールできているからだ。

彼らは自主性を持って仕事をしていて、仕事に支配されていない。自分でやることを決めて実践し、その成果を実感することができる。その感覚や達成感が、仕事のモチベーションにつながっているわけだ。本にも書いたが、意識調査によると、8割のデンマーク人は宝くじで100万ドルが当たっても仕事を辞めないそうだ。僕からしたら信じられないけどね(笑)。

――デンマーク人にとっておカネや出世といったたぐいの「成功」はモチベーションにならないと。

一生懸命働いて200万ドルを稼いだとしても、どうせ税金で持っていかれるので、稼ぐことに重きを置いている感じはしない。所得が一定に達すると、半分は国に持っていかれるようになるからね。もちろん、デンマーク人だっていい車に乗ったり、大きい家に住んだりしたいと考えているが、ある程度収入を得るようになると「もういいや」と感じるようだ。

また、デンマークには「ヤンテの掟」という概念があって、たとえばフェラーリを乗り回していたり、アルマーニを着ていたりすると、「自分にはこんな資格があるのか? 思い上がるなよ」という自制の念のようなものが出てくる。

彼らにとってのモチベーションは、家族と過ごしたり、すてきなバケーションを過ごしたり、新しいことを学んだりするなどヒュッゲ的な時間を持つこと。デンマーク人には、私くらいの大人になっても学校に通っている人がたくさんいる。デンマークでは、教育は大人も含めてすべての人に開かれているからだ。彼らが欲しいのは、メルセデス・ベンツではなくて、新しい学びや旅行、サマーハウスだ。

――近年、北欧諸国にも移民が増えています。社会や文化、生き方などにどんな変化が起きていますか。

この10年ほどに移民が増えたことで、多様化が進み、非常に興味深いことが起きている。あまり大きくない国に、自分とは考え方も行動も違う人たちがたくさんやってくれば、衝突が生じる。北欧諸国も含めて、今の欧州はそのさなかにある。

毎朝コペンハーゲンで電車に乗ると、同じ電車にたくさんのシリア難民が乗っている。私の家のそばにも、たくさんの難民が住んでいる家がある。これは多くの人々の暮らしにショッキングな影響を与えていて、多くの人がこの状況をどうやって受け入れるべきか考えている。小さな国に移民が流れ込むことで、国は大きく変わらざるをえない。北欧では特にスウェーデンがその影響を大きく受けている。

次ページデンマークでは首都コペンハーゲンの「独り勝ち」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT