テヘランで高層ビル火災、消火中に崩壊 

消防士ら20人が死亡

 1月19日、イランの首都テヘランで、17階建ての商業ビルで火災が発生し、消火活動中に崩壊、消防隊員ら少なくとも20人が死亡した。国営テレビがテヘラン市長の話として伝えた。写真は現場で撮影(2017年 ロイター)

[アンカラ 19日 ロイター] - イランの首都テヘランで19日、17階建ての商業ビルで火災が発生し、消火活動中に崩壊、消防隊員ら少なくとも20人が死亡した。国営テレビがテヘラン市長の話として伝えた。

一方、テヘランの消防当局の報道官は「約20人の消防隊員の死亡を確認できない」とした上で、「救助作業が続いている」と強調した。兵士や救助隊員、救助犬が捜索・救助活動に当たっている。

国営テレビによると、45人の消防隊員を含む少なくとも88人が負傷。大半は病院に搬送されたが、その多くはすぐに退院したという。

タスニム通信は、テヘラン知事室の当局者の話として、電気配線のショートが火災の原因と伝えたが、この情報は確認されていない。

*ビデオをつけて再送します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT