テヘランで高層ビル火災、消火中に崩壊 

消防士ら20人が死亡

 1月19日、イランの首都テヘランで、17階建ての商業ビルで火災が発生し、消火活動中に崩壊、消防隊員ら少なくとも20人が死亡した。国営テレビがテヘラン市長の話として伝えた。写真は現場で撮影(2017年 ロイター)

[アンカラ 19日 ロイター] - イランの首都テヘランで19日、17階建ての商業ビルで火災が発生し、消火活動中に崩壊、消防隊員ら少なくとも20人が死亡した。国営テレビがテヘラン市長の話として伝えた。

一方、テヘランの消防当局の報道官は「約20人の消防隊員の死亡を確認できない」とした上で、「救助作業が続いている」と強調した。兵士や救助隊員、救助犬が捜索・救助活動に当たっている。

国営テレビによると、45人の消防隊員を含む少なくとも88人が負傷。大半は病院に搬送されたが、その多くはすぐに退院したという。

タスニム通信は、テヘラン知事室の当局者の話として、電気配線のショートが火災の原因と伝えたが、この情報は確認されていない。

*ビデオをつけて再送します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。