「本当のお金持ち」は見返りを早急に求めない

結局は「温かい人間関係の構築」に行き着く

またモノやサービスの購入に関しても同様のことがいえるようで、「購入したものが何らかのいいきっかけを与えてくれる」と信じている。というよりは、信じないと幸せにはなれない、と信じている、と言ったほうが正しいかもしれない。忘れてはならないことは、このファミリーが日本を代表する資産家でもある、ということだ。このような一般的には「だまされやすい資産家なのでは?」と感じてしまうようなファミリーが、結局はそうなのだ。

一方的な話のみには富裕層は見向きもしない

私の事業に関してもよく助言をいただく。「顧客とパーソナルで親密な関係を構築できるか否か、あるいは、顧客の価値を高める貢献ができるか否か、ここを見過ごしていたらこれからの富裕層ビジネスなど進むはずがない」と勝田さんは言う。

ただ、実行はなかなか難しい。ビジネスである以上、なんらかの形で金銭がかかわってくることになる。それを飛び越えてパーソナルな関係を築くことが結局は事業上の幸せにつながるのだという長期的な戦略においては大いに参考にできる。勝田さんが実行しているような、「無形資産に投資すれば有形資産は後からついてくる」という考え方は多くの経営者が肝に銘じる考え方だろう。

勘違いしてはならないのは、「温かい人付き合いが幸せの源泉」ということだ。つまり、「与えても与えてくれない人」とは「温かい人付き合いができない」ということを意味しており、結局は相手の人間力が最終的には求められる。私の事業に照らし合わせていえば「一方的な話のみには富裕層は見向きもしない」という富裕層ビジネスの現実を如実に示す例といえる。

おカネについても同様のことが言えるだろう。投資してもリターンがない、では話にならない。「そのリターンはいつも経済的なものである必要はなくてね」と本人が言うとおり、手紙を送る、ちょっと立ち寄ってみる、など「本来は誰でもできること」でいいのだ。

「情けは人の為ならず」。人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分に戻ってくる。勝田さんが私にくれたサジェスチョンは本質的にこのことわざと同義だ。劇的な変化が予想される2017年のスタートに思い出しておきたい言葉である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。