池上彰、佐藤優の「ネット検索」驚きの6極意

「グーグル検索」は非効率!どうすればいい?

池上「グーグル検索の効率の悪さ」は、最近特にその傾向が顕著ですね。以前はページを進めていくと古い情報もヒットしましたが、今はごく最近の情報しか出てきません。

「専門分野」と「それ以外」で検索の仕方を変える

【1】まず「グーグル検索は効率が悪い」ことを知る

池上:というのも、自分のページが上位に来るように、日々サイトマスターがアルゴリズムを研究して、工夫しています。グーグルがそれに対抗するために、またどんどんアルゴリズムを変えていく。その結果、だんだん検索の効率が悪くなってしまいました。

『僕らが毎日やっている最強の読み方』刊行を記念し、代官山 蔦屋書店で佐藤優氏のトークイベントを開催します。詳しくはこちら

佐藤「グーグル検索は意外と効率が悪い」というのは、もっと多くの人に知ってほしいことですね。

池上:仕方ないので、グーグル検索をするときは、1ページ目で満足せず、2ページ目、3ページ目以降もつぶさに見て、世の中の「主流の意見」に対する反論や疑問などにも目を配るようにしています。

佐藤:それだと、どうしても時間がかかってしまい、一般の人には決して効率がいい検索法とはいえませんよね。

【2】「有料辞書サイト」を活用する

佐藤:私は何か確認したい事柄が出てきたら、まずは「ジャパンナレッジ」の情報に頼ることにしています。会員制のインターネット辞書・事典検索サイトで、月額1620円で小学館や平凡社の百科事典のほか、各種の辞書類が自由に使えるサービスです。

池上:「ウィキペディア」のように不正確な情報ではなく、出版社がきちんと編集した事典や辞書の情報に頼るわけですね。

佐藤:そうです。大事なことは、自分の仕事にかかわる「専門分野」と「それ以外」で検索の仕方を変えること。専門分野にかかわることなら、グーグル検索でも何でも使って、できるだけ調べるのが必要だと私も思います。でも、専門分野以外については、まずは辞書・辞典で調べたほうが、情報も正確だし効率もよく、時間の有効活用になると思いますね。

次ページウィキペディアの「上手な使い方」は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。