メキシコで銃乱射事件、外国人を含む5人死亡

音楽フェスティバル開催中

 1月16日、メキシコ東部のリゾート地プラヤデルカルメンで、ナイトクラブで銃の乱射事件が発生し、外国人を含む少なくとも5人が死亡、15人が負傷した。写真は現場となった「ブルー・パロット・ナイトクラブ」(2017年 ロイター/Victor Ruiz Garcia)

[メキシコ市 16日 ロイター] - メキシコ東部のリゾート地プラヤデルカルメンで16日、ナイトクラブで銃の乱射事件が発生し、外国人を含む少なくとも5人が死亡、15人が負傷した。現場では当時、エレクトロニック音楽のフェスティバル「BPM」が開催されていた。

キンタナ・ロー州当局者によると、事件は午前3時ごろに起きた。死者のうち3人はカナダ人、イタリア人、メキシコ人で、残りの2人の国籍は現時点では不明。死者のうち1人はフェスティバル参加者らが出口に殺到した際に死亡した。

当局者は、乱射した容疑者は逃走中だとした上で、テロ行為としての捜査は行われていないと述べた。事件に関与した疑いで4人が拘束されたという。

当局者は死者のうち2人はフェスティバルの警備員だと述べたが、フェスティバル側は警備員3人が犠牲になったとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。