堀江貴文氏「僕が漫画をひたすら読む理由」

未来をつくる知識は、こうして身につける

学校から帰ってくると、深夜まで私はパソコンにかじりついてプログラミングをしていた。親には「勉強につかうものだ」「これからはコンピュータの時代になる」などと話していたが、実のところ、私はただプログラミングをするのが楽しかった。私の知的好奇心を満たしてくれる最高の遊びだったのだ。

英数字のプログラミングをするだけで、きれいな絵を表示させたり、音楽を鳴らしたりすることができる。当時友達の間でブームに湧いていたファミコンなんてそっちのけで没頭できた。

誰かがつくったゲームの世界ではなく、自分でゲームの世界をつくってゆく面白さに、夢中になった。コンピュータがつくりだす未来に想像が膨らみ、無機質な英数字のプログラミングの向こうに、総天然色の夢がきらめいて見えた。そうして私は、パソコンをグレードアップしながら当時の標準言語「BASIC」はもちろん、様々なマシン語を覚え、より高度なプログラミングをマスターしてゆく。

私の遊びはその後、時価総額何兆円というIT企業の価値を支えるプログラマーの仕事になり、彼らの生み出した様々なサービスは私たちの生活をより豊かにしている。

「遊びの中」に未来がある

私がMSXパソコンで遊んでいた頃、ほとんどの大人はコンピュータがIT産業をつくり、インターネットで結ばれた世界中で仕事を生み出していくことを想像すらしなかっただろう。しかし結果として、私が遊びの中で見た未来は、実現した。

カタカタとキーボードを叩いてプログラミングをしていた、MSXパソコン越しに未来を見ていた視線のまま、私は大人になって、IT企業を起業して、今も同じ目線で未来を見ている。あの頃に得た様々なインスピレーションは、今もIT産業のこれからを知る上で大切な知識になっている。

こうした知識を、想像力をつかって描き、フィクションとして伝えることのできる作家にはいつも驚かされる。たとえばマンガの中に描かれる世界がそうだ。

次ページ『宇宙兄弟』は、もともと……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。