ロンドン地下鉄「駅職員24時間スト」の衝撃

<動画>数百万人の通勤客に影響

ロンドン地下鉄の従業員を代表する2つの労働組合が、1月8日の夜から24時間のストライキを開始。ロンドン市民は交通の混乱に直面した。

忍耐は美徳かもしれない……。しかし9日朝のロンドンの何百万もの通勤客にとっては別だ。ロンドン地下鉄の24時間のストライキで街が停止しているのだ。

「バスは混雑でひどい状態なので、歩きで行こうと思います」(通勤客の女性の話)。「私は今朝知ったばかりだったので、今朝は電車を降りて、地下鉄でストが起きているというありがたくないニュースを知りました」(乗客の女性の話)。

組合は人員削減に関連してストライキを起こした。直前に行われたロンドン交通局との交渉が失敗に終わったためだ。ロンドン市長のサディク・カーン氏は、このストについてほとんど共感を示していない。

「今日のストライキは数百万人の通勤客を苦しめるものです。今日、ロンドンでは数百万ポンドの収益を失う企業、予約した病院にたどり着けない患者がいるでしょう。このストライキは避けることができました」

抗議行動は、別の交通機関でもあり得る。国にとってもっとも嫌なことは、休業状態だと思われることだと言う人もいる。「このような傾向が表れると、特にイギリスへの海外投資や直接投資を考えている人にとって、経済全体に懸念が生まれる可能性があります。従業員が時間通りに出社する保証ができなければ、長期的に考えて投資をやめる可能性があります」(市場アナリスト、ダレン・シンデン氏)。

イギリスのEU離脱交渉も間近に迫っている。テリーザ・メイ首相は、欧州の単一市場から離脱するという強硬な姿勢を見せている。

イギリスの通貨下落がニュースになった一方、英FTSE100指数は最高値を更新した。今はそうは見えないかもしれないが、もっと悲惨な事態がやって来るのかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT