意外と知らない、「駅そば」東西の"境界線"

「つゆ」「ねぎ」「盛りつけ」に違いあり

いちばんわかりやすいのは、「東日本の濃口・西日本の薄口」というつゆの違いだろう。両者の境界線は愛知・三重県境から関ヶ原を通り、富山県富山市付近へ抜ける。北陸側の境界線はやや曖昧であり、富山駅には濃口の『越中そば』と薄口の『源』が同居している。富山市内では濃口と薄口の店が入り乱れているという。この辺りで東西のつゆがぶつかり合い、モザイク状になっているようだ。

東西を分かつのは、つゆだけではない。薬味のねぎも「東日本の白ねぎ・西日本の青ねぎ」に分かれる。そして、ねぎの境界線は、つゆの境界線とは異なる位置にあった。MAPのとおり太平洋側では、つゆの境界線よりもだいぶ東、静岡県の熱海・三島間にある。ここから中央本線中津川駅の西側を通って、関ヶ原付近(岐阜県南西部は白青が混在)で、つゆの境界線と交差して石川・福井県境へ。つゆとねぎの境界線は×印を描くような形で交差していたのである。

このため、静岡県の大部分や愛知県などでは「つゆは濃口だがねぎは青」、富山県西部や石川県などでは「つゆは薄口だがねぎは白」という現象が起こっているのだ。

月見そばの盛りつけ方も東西で違う!

つゆ・ねぎのほかにも、まだ俎上にのぼっていない「隠れ境界線」がたくさんある。例えば、月見そばの盛りつけ方。東日本では「麺→つゆ→卵」の順に、西日本では「麺→卵→つゆ」の順に盛りつける店が多い。それから彩りとして入るカマボコ。東日本では1枚、西日本では2枚以上のせる店が多い。さらに看板や店名、暖簾などの表記。東日本では「そばうどん」「○○そば」、西日本では「うどんそば」「○○うどん」が多い。これらについても鋭意研究を進めているところである。

東西に二分するのではなく、もう少し狭いエリアで、局地的に起こっている地域性もある。関西在住の方が首都圏に来て、“「きざみそば(うどん)」が存在しないことに驚く”という話をよく聞く。逆に、関西の駅そば店で「たぬきうどん」と注文すると、店員さんは困り果ててしまう。なぜなら、関西では「たぬき」はそばと決まっているからである。しかも、ほぼ全国的に揚げ玉をトッピングしたそばを指す「たぬきそば」が、関西では味つき油揚げをのせたそばを指すのだ。同じトッピングなのに、そばは「たぬき」、うどんは「きつね」になるわけだ。

それならば、揚げ玉をのせたそばを関西では何と呼ぶのか。正解は、「ハイカラそば」(主に兵庫県神戸市周辺。ほかに「天かすそば」などの表記もあり)。神戸へ出かけた方が、駅そば店で「おっ! ハイカラそばなんていうおもしろそうなメニューがある!」とワクワクしながら注文すると、おなじみのたぬきそばが出てきてガッカリ。よく聞く「駅そばあるある」のひとつだ。

このような例は、全国各地で枚挙にいとまがない。MAPに各地方の主な地域性を記載したので、参照されたい。さらに加えて店舗ごとにも個性がある、深き駅そばワールド。まだまだ、興味のタネは尽きない。

鈴木弘毅
駅そばを筆頭に、道の駅や健康ランドなど、旅に関するB級要素をとことん追究するライター。著書に『鉄道旅で「道の駅“ご当地麺”」』『東西「駅そば」探訪』(交通新聞社新書)など。
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT