マンU監督、「年末年始の過密日程は大変」

「私は喜んでやるが、選手たちは苦しい」

 1月2日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督(写真)は、年末年始の過密日程は選手たちにとって大変だと述べた(2017年 ロイター)

[ロンドン 2日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のジョゼ・モウリーニョ監督は、年末年始の過密日程は選手たちにとって大変だと述べた。

マンUは2日、敵地でウェストハムに2─0で勝利。しかし2日前にミドルズブラと対戦したばかりということもあり、1人少ない10人となった相手に苦戦した。

モウリーニョ監督は報道陣に対し、「前の試合から48時間以内に次の試合を行うのはとても厳しい。プレミアリーグの試合が見られることは世界中のファンにとって素晴らしいことだ。私は喜んでやるが、選手たちは大変だ」と語った。

マンUは公式戦7連勝を飾り、国内リーグ6位につけている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT