大韓航空、スタンガンの即時使用を可能に

暴れる乗客への対応強化

 12月27日、大韓航空は、暴力的な乗客への対応ができていないと米歌手リチャード・マークスさんから批判されたことを受け、機内での騒動に対処するために乗務員が「迅速にスタンガンを使用する」ことを認める方針を明らかにした。写真の大韓航空機はカリフォルニア州サンフランシスコ国際空港上空で昨年4月撮影(2016年 ロイター/Louis Nastoro)

[ソウル 27日 ロイター] - 大韓航空<003490.KS>は27日、暴力的な乗客への対応ができていないと米歌手リチャード・マークスさんから批判されたことを受け、機内での騒動に対処するために乗務員が「迅速にスタンガンを使用する」ことを認める方針を明らかにした。乗務員の安全訓練も強化するという。

マークスさんは先週、フェイスブックとツイッターに投稿し、「乗務員や他の乗客を攻撃していた乗客」を取り押さえるのに協力したことを明らかにしたうえで、混乱や危険な状況に対する乗務員の訓練不足や装備不足を指摘した。

大韓航空は27日、乗務員がスタンガンの使用をためらったのは、乗客や乗務員の命、あるいは飛行の安全が脅かされるような「深刻な」状況の時のみスタンガンの使用が許可されていたからだと発表文書で説明。

「機内での暴力的な行動や騒動に迅速かつ効率的に対応するため、スタンガンの使用に関する条件や規則を改正する」方針を明らかにした。

政府の統計によると、韓国では、機内での不法行為が過去5年で3倍以上増加している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT