オバマ大統領「自分が出馬できれば勝てた」

トランプ氏は反論

 12月26日、オバマ米大統領は配信されたインタビューで、3選を目指して大統領選に出馬できていれば、大半の有権者から支持を得てトランプ氏に勝利していたはずだとの見解を示した。写真はワシントンで16日撮影(2016年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ホノルル 26日 ロイター] - オバマ米大統領は26日配信されたインタビューで、3選を目指して大統領選に出馬できていれば、大半の有権者から支持を得てトランプ氏に勝利していたはずだとの見解を示した。

オバマ氏は自身の側近だったアクセルロッド元大統領上級顧問の質問に答える形で「もう一度出馬し(希望と変化を)呼びかけていれば、国民の大多数が支持してくれたはずだ」と述べた。インタビューはCNNのポッドキャストで配信された。

米大統領の3選は憲法で禁じられている。

オバマ氏の発言を受けてトランプ次期米大統領はツイッターで「そんなはずは決してない」と反論。オバマ政権の負の遺産として米企業の国外移転や過激派組織「イスラム国」(IS)との戦い、米医療保険制度改革(オバマケア)を挙げた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。