オバマ大統領「自分が出馬できれば勝てた」

トランプ氏は反論

 12月26日、オバマ米大統領は配信されたインタビューで、3選を目指して大統領選に出馬できていれば、大半の有権者から支持を得てトランプ氏に勝利していたはずだとの見解を示した。写真はワシントンで16日撮影(2016年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ホノルル 26日 ロイター] - オバマ米大統領は26日配信されたインタビューで、3選を目指して大統領選に出馬できていれば、大半の有権者から支持を得てトランプ氏に勝利していたはずだとの見解を示した。

オバマ氏は自身の側近だったアクセルロッド元大統領上級顧問の質問に答える形で「もう一度出馬し(希望と変化を)呼びかけていれば、国民の大多数が支持してくれたはずだ」と述べた。インタビューはCNNのポッドキャストで配信された。

米大統領の3選は憲法で禁じられている。

オバマ氏の発言を受けてトランプ次期米大統領はツイッターで「そんなはずは決してない」と反論。オバマ政権の負の遺産として米企業の国外移転や過激派組織「イスラム国」(IS)との戦い、米医療保険制度改革(オバマケア)を挙げた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT