バナナマン・設楽統が、森山良子に見せた素顔

「僕はちゃんとした人じゃない」

バナナマン・設楽統さんと森山良子さん。カメラを向けると、お互いすぐにこの笑顔。息もピッタリでした!(写真:近藤陽介)
隔週で日々の出来事を『週刊女性』に綴ってくれている森山良子さん。今回は特別編ということで、以前から大ファンだというバナナマンの設楽統さんとの対談が実現しました! 普段から森山家と親交があるという設楽さんだけに、序盤から和やかな雰囲気で始まった対談は終始、笑いの渦に包まれて――。

森山家の全員と1対1でご飯に行ける

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

設楽:良子さん、今日はよろしくお願いします。対談相手が僕なんかでいいんですか?

森山:もちろんですよ! いつもの連載では、私が1人でたわいもないことばっかりしゃべってるんですけどね。そこで、私が「バナナマン大好き!」って熱弁していたら、「対談しませんか?」という話になって。お受けいただいてありがとうございます。

設楽:こちらこそですよ。でも、なんかヘンな感じですね。

森山:そうね。設楽さんと話すのは、だいたいウチで飲んでるときですもんね。

設楽:面白いことに、僕は森山家の全員と1対1でご飯に行けるんですよ。直太朗くんと小木(博明)さんがいなくても、奈歩ちゃん(森山の長女で小木の妻)と連絡とってご飯に行くときもあるし。

森山:もともと娘がバナナマンの大ファンで、いつも家でビデオを見せられてたの。『亀の恩返し』とかね。それがもう、本当におかしくてチャーミングで。1日に10回や20回は繰り返し見て、同じところで「ア〜ハッハッ!」って笑うんですよ。

設楽:“鶴の恩返しがあるんだったら亀の恩返しがあってもいいんじゃないか”っていうので、相方の日村(勇紀)を全身、緑色にして「助けてもらった亀です」って来るという話で。

森山:ハハハハッ。そうそう。

設楽:僕らは結成して今、22年〜23年ですけど、それなんて2年目、3年目くらいの初期の初期のネタですね。今も、毎回ライブに来ていただいて。

森山:そうね。バナナマンは1回も私のコンサートには来てくれてないけど(笑)。

設楽:それは、いつか機会があったら行かせていただきたいんですけどね(笑)。

次ページ森山家には常に憧れがある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT