アップル「AirPods」はリサイクルに難あり

解体調査でわかったこと

 12月20日、米アップルの新型ワイアレスイヤホン「エアポッド」の解体調査を行ったアイフィックスイットによると、同製品には小型リチウムイオンバッテリーが搭載されており、リサイクルが困難という。写真はスクリーンに映し出されている「エアポッド」と商品説明をするクックCEO。9月サンフランシスコで行われた同社メディアイベントで撮影(2016年 ロイター/Beck Diefenbach)

[サンフランシスコ 20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の新型ワイアレスイヤホン「エアポッド」の解体調査を行ったアイフィックスイットによると、同製品には小型リチウムイオンバッテリーが搭載されており、リサイクルが困難という。

エアポッドには、両イヤホンと充電ケースに計3つのリチウムイオンバッテリーが搭載されている。

従来のイヤホンの場合、リサイクル業者は製品を細断し、銅採取のため製錬所に送る。しかし、エアポッドはリチウムイオンバッテリーを搭載していることから、破壊過程で発火の恐れがあり、細断できないという。

アイフィックスイットからエアポッドの構造について説明を受けたPCリビルダーズ&リサイクラーズのウィリー・ケイド最高経営責任者(CEO)は、バッテリーの取り外しにかかる労働力を考慮すると、コスト面で効果的な原材料の回収は困難だろうとの見方を示した。

アップルはエアポッドについて、リサイクルのために同社への返却が可能としているが、広報担当者はリサイクルに関し、これ以上の詳細には言及しなかった。

先週、予定より1カ月遅れで発売されたエアポッドは高評価を得ている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT