アップル「AirPods」はリサイクルに難あり

解体調査でわかったこと

 12月20日、米アップルの新型ワイアレスイヤホン「エアポッド」の解体調査を行ったアイフィックスイットによると、同製品には小型リチウムイオンバッテリーが搭載されており、リサイクルが困難という。写真はスクリーンに映し出されている「エアポッド」と商品説明をするクックCEO。9月サンフランシスコで行われた同社メディアイベントで撮影(2016年 ロイター/Beck Diefenbach)

[サンフランシスコ 20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の新型ワイアレスイヤホン「エアポッド」の解体調査を行ったアイフィックスイットによると、同製品には小型リチウムイオンバッテリーが搭載されており、リサイクルが困難という。

エアポッドには、両イヤホンと充電ケースに計3つのリチウムイオンバッテリーが搭載されている。

従来のイヤホンの場合、リサイクル業者は製品を細断し、銅採取のため製錬所に送る。しかし、エアポッドはリチウムイオンバッテリーを搭載していることから、破壊過程で発火の恐れがあり、細断できないという。

アイフィックスイットからエアポッドの構造について説明を受けたPCリビルダーズ&リサイクラーズのウィリー・ケイド最高経営責任者(CEO)は、バッテリーの取り外しにかかる労働力を考慮すると、コスト面で効果的な原材料の回収は困難だろうとの見方を示した。

アップルはエアポッドについて、リサイクルのために同社への返却が可能としているが、広報担当者はリサイクルに関し、これ以上の詳細には言及しなかった。

先週、予定より1カ月遅れで発売されたエアポッドは高評価を得ている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT