アップル「AirPods」はリサイクルに難あり

解体調査でわかったこと

 12月20日、米アップルの新型ワイアレスイヤホン「エアポッド」の解体調査を行ったアイフィックスイットによると、同製品には小型リチウムイオンバッテリーが搭載されており、リサイクルが困難という。写真はスクリーンに映し出されている「エアポッド」と商品説明をするクックCEO。9月サンフランシスコで行われた同社メディアイベントで撮影(2016年 ロイター/Beck Diefenbach)

[サンフランシスコ 20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の新型ワイアレスイヤホン「エアポッド」の解体調査を行ったアイフィックスイットによると、同製品には小型リチウムイオンバッテリーが搭載されており、リサイクルが困難という。

エアポッドには、両イヤホンと充電ケースに計3つのリチウムイオンバッテリーが搭載されている。

従来のイヤホンの場合、リサイクル業者は製品を細断し、銅採取のため製錬所に送る。しかし、エアポッドはリチウムイオンバッテリーを搭載していることから、破壊過程で発火の恐れがあり、細断できないという。

アイフィックスイットからエアポッドの構造について説明を受けたPCリビルダーズ&リサイクラーズのウィリー・ケイド最高経営責任者(CEO)は、バッテリーの取り外しにかかる労働力を考慮すると、コスト面で効果的な原材料の回収は困難だろうとの見方を示した。

アップルはエアポッドについて、リサイクルのために同社への返却が可能としているが、広報担当者はリサイクルに関し、これ以上の詳細には言及しなかった。

先週、予定より1カ月遅れで発売されたエアポッドは高評価を得ている。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。