トランプ氏、「F35はコスト制御不能だ」 

ロッキード株が下落

 12月12日、トランプ次期米大統領(写真)は、ツイッターへの投稿で、ロッキード・マーチンの戦闘機「F35」計画のコストは高過ぎるとの見方を示した。ミシガン州で9日撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ次期米大統領は12日、ツイッターへの投稿で、ロッキード・マーチン<LMT.N>の戦闘機「F35」計画のコストは高過ぎるとの見方を示した。

トランプ氏は「F35計画のコストは制御できていない」とし、「(自身が就任する)1月20日以降は軍事関連を含む調達で多額の削減を行う」との見解を示した。

ロッキードのF35計画を率いるジェフ・バビオン氏はこれに対し、コスト面での懸念は理解しているとし、そのためにロッキードはこれまでに価格引き下げに向け多額の投資を行ってきたと説明。

F35の価格を当初の見積もりから60%引き下げることを目標としているとし、「2019年、もしくは20年には約8500万ドルになると予想している」と述べた。

トランプ氏のツイートを受け、この日の米株式市場でロッキードは5.1%安。ゼネラル・ダイナミクス<GD.N>やノースロップ・グラマン<NOC.N>などの他の防衛関連株もつれ安となっている。

トランプ氏は前週、同様にツイッターへの投稿で、米ボーイング<BA.N>が製造予定の次期大統領専用機「エアフォースワン」について「製造コストは40億ドルを超え、制御不能だ」とし、ボーイングへの発注をキャンセルするべきとの考えを示したばかり。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT