米スミソニアン動物園のパンダが緊急手術

腸に詰まったタケの塊除去

 11月25日、米スミソニアン国立動物園で、ジャイアントパンダ「ベイベイ」が緊急手術を受けた。容体は安定しているという。昨年12月撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[25日 ロイター] - 米国のスミソニアン国立動物園で、1歳超のジャイアントパンダ「ベイベイ」が25日に緊急手術を受けたが、容体は安定しているもようだ。

スミソニアン動物園の担当者によると、ベイベイが感謝祭の24日、腹に不快感があるような様子を見せたため、獣医師が25日午前に超音波検査をしたところ、腸に何かが詰まっていることが判明。急きょ手術を行い、詰まっていた「レモン大のタケの塊」を除去したという。

動物園は「ベイベイの予後は非常に良好」とする声明を発表した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。