米スミソニアン動物園のパンダが緊急手術

腸に詰まったタケの塊除去

 11月25日、米スミソニアン国立動物園で、ジャイアントパンダ「ベイベイ」が緊急手術を受けた。容体は安定しているという。昨年12月撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[25日 ロイター] - 米国のスミソニアン国立動物園で、1歳超のジャイアントパンダ「ベイベイ」が25日に緊急手術を受けたが、容体は安定しているもようだ。

スミソニアン動物園の担当者によると、ベイベイが感謝祭の24日、腹に不快感があるような様子を見せたため、獣医師が25日午前に超音波検査をしたところ、腸に何かが詰まっていることが判明。急きょ手術を行い、詰まっていた「レモン大のタケの塊」を除去したという。

動物園は「ベイベイの予後は非常に良好」とする声明を発表した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT