米スミソニアン動物園のパンダが緊急手術

腸に詰まったタケの塊除去

 11月25日、米スミソニアン国立動物園で、ジャイアントパンダ「ベイベイ」が緊急手術を受けた。容体は安定しているという。昨年12月撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[25日 ロイター] - 米国のスミソニアン国立動物園で、1歳超のジャイアントパンダ「ベイベイ」が25日に緊急手術を受けたが、容体は安定しているもようだ。

スミソニアン動物園の担当者によると、ベイベイが感謝祭の24日、腹に不快感があるような様子を見せたため、獣医師が25日午前に超音波検査をしたところ、腸に何かが詰まっていることが判明。急きょ手術を行い、詰まっていた「レモン大のタケの塊」を除去したという。

動物園は「ベイベイの予後は非常に良好」とする声明を発表した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT