フェイスブック、英国で従業員50%拡大へ

ロンドン新本部開設に伴い新たに500人採用

 11月21日、米フェイスブックが2017年に英国で従業員数を50%増やす計画を明らかにした。写真は同社のロゴマーク。カンヌで6月撮影(2016年 ロイターEric Gaillard/File Photo)

[ロンドン 21日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は21日、2017年に英国で従業員数を50%増やす計画を明らかにした。

同社は英国で現在1000人雇用しているが、来年に予定されるロンドンの新本部開設に伴い、新たに500人を採用する。

英国は欧州連合(EU)離脱決定をめぐり投資先としての魅力が低下し、国際企業が投資を縮小すると懸念されているが、フェイスブックはこれを否定する。

欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域担当副社長のニコラ・メンデルソン氏は、この日の英産業連盟(CBI)主催の会議で「英国は、テクノロジー企業にとって依然として最善の場所の1つであり、フェイスブックにとっても重要な一部だ」と述べる予定だ。

米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルも今月、エンジニアを増員できるようロンドンの拠点拡張計画を明らかにしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT