フェイスブック、英国で従業員50%拡大へ

ロンドン新本部開設に伴い新たに500人採用

 11月21日、米フェイスブックが2017年に英国で従業員数を50%増やす計画を明らかにした。写真は同社のロゴマーク。カンヌで6月撮影(2016年 ロイターEric Gaillard/File Photo)

[ロンドン 21日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は21日、2017年に英国で従業員数を50%増やす計画を明らかにした。

同社は英国で現在1000人雇用しているが、来年に予定されるロンドンの新本部開設に伴い、新たに500人を採用する。

英国は欧州連合(EU)離脱決定をめぐり投資先としての魅力が低下し、国際企業が投資を縮小すると懸念されているが、フェイスブックはこれを否定する。

欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域担当副社長のニコラ・メンデルソン氏は、この日の英産業連盟(CBI)主催の会議で「英国は、テクノロジー企業にとって依然として最善の場所の1つであり、フェイスブックにとっても重要な一部だ」と述べる予定だ。

米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルも今月、エンジニアを増員できるようロンドンの拠点拡張計画を明らかにしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT