マクドナルド、“化粧箱”入り新商品の狙い

単品1000円、「史上最高価格」また更新

既存店売上高プラス反転には、8月が勝負

夏場に向けては、8月の夏休み期間中は家族連れ客が増え、最も売り上げが増える書き入れ時。ここで踏ん張れなければ、通期で既存店売上高を前期比プラスに持ち込むのは難しくなる。

そのため、日本マクドナルドでは、新商品の投入に合わせて、サッカー日本代表の本田圭佑選手を起用したテレビCMや、渋谷駅周辺での街頭広告、ノベルティの配布など大掛かりなキャンペーンを展開。さらに、6月下旬からはコーヒーフロートなどのデザート、7月から8月にかけても数種類の期間限定メニューを投入し、客を呼び込む方針だ。

今回の一連のキャンペーンには、原田社長も立案にかかわっている。原田社長が陣頭指揮をとるマーケティングキャンペーンは、2010年1月の「ビッグアメリカ」以来、実に3年半ぶり。

この夏の既存店売上高が、もくろみどおり盛り返せるのかどうか。マーケティングの達人といわれた原田社長の真価を掛けた、マクドナルドの熱い夏が始まる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT