マクドナルド、“化粧箱”入り新商品の狙い

単品1000円、「史上最高価格」また更新

包装は化粧箱、厚切りベーコンがはみ出る「クォーターパウンダーゴールドリング」

原田社長は、アベノミクス背景の高価格路線を否定

7月2日の新商品発表会で会見した、日本マクドナルドの原田泳幸会長兼社長は、「(商品力で)独自のリーダーシップを発揮する」と宣言。アベノミクスの流れを受けた“高価格路線”への誘導ではないか、という見方を否定した。

今回のジュエリーシリーズはオペレーションに時間がかかることや、食材に限りがあることから販売はそれぞれ1日限定、全国で30万食の販売に限定される。マクドナルドの国内店舗数は直営・FC合わせて3200店強のため、1店当たりに単純平均すると、100食弱しか販売されない計算になる。

外食業界では話題づくりのために、こうした1日限定の商品を販売することはなくもない。

ただ、1200円のセット100食を各店舗で販売したとしても、1店当たり売り上げは1日で12万円程度。マクドナルドの平均月商が1350万円程度(チェーン全店売上高を店舗数で割って算出)であることを考えれば、合計3日間の限定販売による直接の上乗せ効果は、2~3%前後が関の山だ。「明らかに話題づくりのためだろう」と推察する業界関係者もいる。

マクドナルドの既存店売上高は原田社長の就任した2004年以降、8年連続の前期比プラスが続いたが、前2012年は前期比3.3%減と、就任来では初の減収に沈んだ。

今年に入ってからは、5月になって既存店売上高が14カ月ぶりに前年同月比でプラスに転じたが、7月10日前後にも発表される6月の既存店売上高が、継続的に底上げしていくかどうかはまだ不透明だ。

次ページ原田社長が3年ぶり陣頭指揮
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT