宅配ずし首位「銀のさら」、年内にも上場へ

銀だこ、すかいらーく…上場狙う外食相次ぐ

「銀のさら」の宅配ずし「朱(あか)5人前」

宅配ずし最大手「銀のさら」をFC主体で展開する、ライドオン・エクスプレス(旧社名レストラン・エクスプレス)が、株式上場を準備していることが明らかになった。

食事の“宅配”が主力の企業では初の上場

同社は年内にも東証マザーズに上場する可能性が高い。食事の宅配を行う上場企業としては宅配ピザのピザハット(日本ケンタッキー・フライド・チキンが運営)や、上場企業の子会社でもワタミの宅食(ワタミの子会社)などがある。ただ、主力事業が食事の宅配である企業の株式上場は、実現すれば初めてとなる。

ライドオン・エクスプレスは現社長の江見朗(えみ・あきら)氏が創業。現在の本社は東京都港区にある。

同社は1992年に岐阜市で創業したサンドイッチ店「サブマリン」を前身に持ち、98年に宅配ずしへ参入した(銀のさらのブランドを使い始めたのは2000年から)。銀のさらの加盟店募集を全国的に展開することを目的として、01年に株式会社レストラン・エクスプレスとして設立された。

当初はベンチャー・リンク(10年にC&Iホールディングスに社名変更後、12年に民事再生法の適用を申請)の支援を受け、1年間で200店舗を出店したが、急拡大の反動で業績はしばらく伸び悩んだ。

もっとも、ライドオン・エクスプレスの直近2013年3月期の業績は、売上高が161億円(前期比9.8%増)、営業利益5.4億円(同58%増)と、11年3月期を底に上向いている。3月末時点の店舗数は562店であり、そのうち銀のさらが364店を占める。

次ページ宅配ずしでのシェアは5割超
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT