32歳婚活女子を混乱させる浮気男の「言い訳」

東京カレンダー「崖っぷち結婚相談所」<16>

「は……? 何言ってるの?」

「杏子とあの女豹が、比べものになるわけ、ないだろ!? 彼女とは、正直……ちょっと遊びたい……と思っただけで、杏子とは別格なんだ。あんな女の言う事、信じるなよ!」

「何よ、急にムキになって! そもそも、私と偶然再会したのも、由香を追いかけ回してた時なんでしょ? もう、全部知ってるのよ!」

「由香ちゃんに何を聞いたか分からないけど、事実が捻じ曲げられて伝わってるのは確かだよ。下手な言い訳はしないし、杏子を傷つけたのは謝るけど、少なくとも、由香ちゃんは悪意を持ってる」

知樹がそう言い切るので、杏子は頭が混乱してきた。彼は、由香が嘘をつき、杏子を陥れているとでも言いたいのか。

しかし、杏子は由香に知樹との経緯は結局何も報告していないのだし、ライバル視される理由はない。そして、知樹のこの由香への異様な敵対心。ワケが分からなかった。

低俗な痴話喧嘩に疲れ果て…

「……それにしても、あなた、由香と私を同時に口説いてたのは事実なんでしょ? それを私が知って、どんな気持ちになったか、分かる?」

「“口説いたか”って言われれば、そうなるのかも知れないけど、でも、杏子と彼女じゃ、俺の中では全然格が違うのは、分かってくれよ。俺が馬鹿な男なのは認めるし、心から謝る。ごめんなさい。でも、俺を信じてください」

杏子は、この知樹の開き直りと、理屈の通らない言い訳に、眩暈がした。

知樹はこの屁理屈を、本気で口にしているのだろうか。それとも、また杏子を口車に乗せ、騙そうとしているのだろうか。そもそも、狙っていた由香を「女豹」などと呼び、ここまでコキ下ろす発言をする知樹に、杏子は不信感も抱く。

「……それに、話は戻るけど、どっちにしろ、私たちはヨリを戻したわけじゃないんでしょ? あなたの言ってること、私、理解できないわ。いずれにせよ、もう連絡しないで……!」

「いや、違う、杏子。待っ……」

杏子はそこで会話を打ち切り、スマホの電源を切った。

―私、一体を何をやってるの……。

低俗な痴話喧嘩に疲れ果て、杏子はベッドにバタンと横になる。

そして、やっとウトウトと眠りにつき始めたところで、今度は部屋のインターホンが、何度も鳴り始めた。

東京カレンダーの関連記事
崖っぷち結婚相談所:元彼・商社マンから受けた、苦い屈辱。港区の壮絶な婚活事情の実態
大学病院の収入だけじゃ生きていけない?年収1,140万円、ドクター4年目の家計簿
広尾ヒマダム:プチ家出した先で、夫の秘密を知る

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。