いま有力エコノミストが注目する業種は?

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

期待する業種首位は「輸送用機器」(トヨタ自動車の豊田社長、撮影:梅谷 秀司)

1位「輸送用機器」、2位「不動産業」、3位「機械」、4位「証券、商品先物取引業」そして5位「化学」――有力エコノミスト各氏へ5月時点で実施した「景気四季報」の特別調査「注目の業種」の集計結果だ。

これは東証33業種分類から主観的・大局的な見地で「期待できる業種」「期待できない業種」を最大3つまで挙げてもらう調査だ。

前回(2月時点)の調査と比べると、上位5業種からは「建設業」が外れ、代わりに「化学」が入った。

石油化学を手掛ける大手の総合化学各社は、原料ナフサ高は販価へ転嫁しやすく、かつ中国向けなど輸出比率も高い円安好感銘柄だ。それが今回「化学」が上位入りした理由だろう。

次ページ「期待できる」「期待できない」両方の業種も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT