いま有力エコノミストが注目する業種は?

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

期待する業種首位は「輸送用機器」(トヨタ自動車の豊田社長、撮影:梅谷 秀司)

1位「輸送用機器」、2位「不動産業」、3位「機械」、4位「証券、商品先物取引業」そして5位「化学」――有力エコノミスト各氏へ5月時点で実施した「景気四季報」の特別調査「注目の業種」の集計結果だ。

これは東証33業種分類から主観的・大局的な見地で「期待できる業種」「期待できない業種」を最大3つまで挙げてもらう調査だ。

前回(2月時点)の調査と比べると、上位5業種からは「建設業」が外れ、代わりに「化学」が入った。

石油化学を手掛ける大手の総合化学各社は、原料ナフサ高は販価へ転嫁しやすく、かつ中国向けなど輸出比率も高い円安好感銘柄だ。それが今回「化学」が上位入りした理由だろう。

次ページ「期待できる」「期待できない」両方の業種も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。