いま有力エコノミストが注目する業種は?

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

期待する業種首位は「輸送用機器」(トヨタ自動車の豊田社長、撮影:梅谷 秀司)

1位「輸送用機器」、2位「不動産業」、3位「機械」、4位「証券、商品先物取引業」そして5位「化学」――有力エコノミスト各氏へ5月時点で実施した「景気四季報」の特別調査「注目の業種」の集計結果だ。

これは東証33業種分類から主観的・大局的な見地で「期待できる業種」「期待できない業種」を最大3つまで挙げてもらう調査だ。

前回(2月時点)の調査と比べると、上位5業種からは「建設業」が外れ、代わりに「化学」が入った。

石油化学を手掛ける大手の総合化学各社は、原料ナフサ高は販価へ転嫁しやすく、かつ中国向けなど輸出比率も高い円安好感銘柄だ。それが今回「化学」が上位入りした理由だろう。

次ページ「期待できる」「期待できない」両方の業種も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT